このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< Spotifyと「懐メロ」 | main | 見るべきか、やめておくべきか >>

記憶の発掘

先日、このブログで、Spotify を「懐メロ」プレイヤーとして使っている、みたいなことを書いたのですが、それがきっかけで、自分にとっての懐メロを、もっといろいろと集めてみたくなりました。

記事 Spotifyと「懐メロ」

 

Spotify 公式のプレイリストを始め、年代別のヒット曲を集めたコンピレーション・アルバムなどを片っ端からチェックして、聞き覚えのある曲を探していくと、曲名もアーティストの名前も知らなかったけれど、サビの部分だけはよく知っているような曲が次々に見つかりました。

 

たぶん、子供のころや学生時代に、テレビやラジオで何度も流れていたか、あるいはその後、テレビのコマーシャルとかバラエティ番組のBGMで耳にする機会があったのでしょう。繰り返し聞かされて心に刻み込まれていたせいか、サビの部分を聞いた瞬間、「ああ、これこれ!」と思い出したのですが、それまでは記憶の底に埋もれていて、意識に上ることはありませんでした。

 

もしもその曲が、もっと魅力的で、どうしてももう一度聴かずにはいられないと思い詰めるほどだったら、きっと、過去のどこかの時点で、必死で曲名を調べたりしたんだろうと思います。でも、昔はメロディーや歌詞の一部から曲名を調べるのは難しかったし、かりに曲名が分かったところで、それを聴きたければレコードやCDを買うしかなかったわけで、実際に聴きたい曲にたどり着くまでにはいくつものハードルがありました。

 

そんな状況だったので、当時、どこかで聞いて何となく気にはなっても、そのままになって、いつしか忘れ去ってしまったような曲が、きっとたくさんあったのでしょう。

 

音楽好きの人なら、ふだんからさまざまなメディアを通じて多くの曲に接する機会があり、その中で、気になる曲の名前などを知るチャンスもあると思いますが、音楽にあまり縁のない暮らしをしてきた私は、大量の音楽をまとめて試聴できる Spotify のようなサービスと出合うことで初めて、昔のモヤモヤを少しずつ解消できるようになったわけです。

 

そして、今回、初めて曲名が分かった昔の歌を久しぶりに聴いていると、本当に好きでよく知っている曲のように、具体的ではっきりとした思い出が浮かんでくるというほどではありませんが、その曲を耳にしていたころの記憶の断片というか、当時の雰囲気のようなものが、ぽつぽつと蘇ってきます。それらの曲は、たとえ今まで忘れてしまっていたとしても、膨大な記憶の世界を支える大事なパーツとして、確実に自分の一部になっていたのです。

 

それにしても、そうやって自分にとっての懐メロを調べる作業をすることによって、これまでずっと心の奥深くに埋もれたままだった音楽のかけらを、意識の光の当たるところまで引っ張り出してくるのは、まるで、記憶の発掘をしているみたいで、とても面白いと感じました。

 

テレビの懐メロ番組をぼんやりと見ながら、懐かしい曲が流れるのを何となく待っているよりは、こうして Spotify のような「音楽の図書館」にこもって、自分から積極的に、過去をあちこちほじくり返してみるのも、たまにはいいのかもしれません。

 

まあ、あまりやりすぎると、封印していたはずの、過去の恥ずかしい思い出なども一緒に蘇らせてしまいそうですが……。

 

それはともかく、昔のさまざまな曲が私の心に刻み込まれたのは、それらの曲を気に入った誰かが、映画やテレビ番組やCMのBGMとして使ったり、ラジオでリクエストしたり、街中で何度も流したりしていたからです。あるいは、過去の時点ですでに、それがおなじみの名曲として、さまざまなメディアで繰り返し取り上げられるような存在だったからです。

 

人に好まれた音楽は、そうやってあちこちで何度も流され続けることで、次の世代の人々の心の中に、無意識のうちにしっかりと植えつけられていきます。若い世代の中には、そうした古い曲に魅せられて、それがその人にとっての特別な一曲になったりすることもあるでしょうが、多くの場合、そこまではいかなくても、気がつかないところで世界観や美意識に微妙な影響を与え、各人の膨大な記憶の世界を味わい深くする、隠し味のような存在となっていくのかもしれません。

 

ただ、そうやって後世に残る名曲やヒット曲よりも、もっとずっと多くの曲が、時間とともに忘却の彼方に完全に消え去っていくのだと考えると、なかなか切ないものがありますが……。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

at 18:51, 浪人, ネットの旅

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:51, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/810