このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 見るべきか、やめておくべきか | main | 裏起毛ワールド >>

旅行熱遺伝子

先日、ネットでちょっと面白い記事を見かけました。

 

運転が下手?なまけもの?実はそれ、遺伝子のせいかもしれない。親から子へ遺伝する意外な10の性格・性質 カラパイア
 

人間の遺伝にまつわるさまざまな小ネタを集めたものですが、その中に、旅に関するものがありました。ドーパミン受容体の遺伝子に、「旅行熱遺伝子」と呼ばれる変異(DRD4-7R)があって、その変異を持つ人は冒険スピリットに富んでいる、というのです。

実は、この「DRD4-7R」については、以前から、ネットメディアでは何度か取り上げられているようです。
世界人口の20%がかかっている「病気」- ワンダーラストとは? HUFFPOST
 

「旅行熱遺伝子」とはいうものの、これは別に、旅や冒険みたいな行動ばかりを誘発するわけではなくて、要は、目新しいものに強く心を惹かれるようになる、ということのようです。それが旅への衝動となって現れることもあれば、いつも新しい恋人を探し回っていたり、あるいは、興味関心の対象がコロコロ変わって落ち着きがない、というパターンになることもあるのでしょう。

 

ちなみに、欧米人と比べると、日本人でこの変異を持つ人の割合は低い、という調査結果もあるようです。
「日本人は遺伝的に挑戦が苦手」脳科学でわかる国民性を中野信子氏が解説 ログミー
 

これらが科学的にどれだけ裏づけのある話なのか、懐疑的にとらえる人もいるようだし、私も専門家ではないので、結局のところどうなのか、ハッキリとは分かりません。それでも、「旅行熱遺伝子」の話はともかく、パーソナリティの形成に遺伝がかなり関与しているのは確かなようです。

 

人には、それぞれに持って生まれた性格みたいなものがあるんじゃないかと感じている人は多いと思いますが、そういう生活知のようなものが、最近になって徐々に科学的な根拠を得つつある、ということなのだと思います。

 

ただ、人間の性格が、ある程度遺伝子によって決まってくる、ということが科学的に明らかになり、その詳しいメカニズムが説明可能になったとしても、個人的には、だからといって、自分の遺伝子を詳しく調べてみたい、という気持ちにはならないだろうという気がします。

 

たしかに、遺伝子が人間の心の働きにどのように関わっているのか、それを一般的な知識として知っておきたいとは思いますが、そのことと、実際に自分の性格とどう付き合っていくかということは、全く別の問題だからです。

 

例えば、旅好きの人が遺伝子検査をして、かりに「旅行熱遺伝子」を持っていると判明すれば、「ああ、やっぱり」と思うでしょうが、持っていないと判明しても、「それなら、ほかに何か別の原因があって旅好きになったんだろう」と思うだけの話で、どちらにしても、何か新しい展開がそこに生まれることはないでしょう。

 

逆に、落ち着きがなさすぎる自分の性格に嫌気が差している人が遺伝子検査をして、「旅行熱遺伝子」が見つかっても、「ああ、やっぱり」と思うでしょうし、持っていないと判明したところで、「それなら、ほかに何か別の原因があって落ち着きがなくなったんだろう」と思うだけで、この場合も、やはり何か新しい展開が生まれることはないし、これまでの悩みが解決するわけでもないでしょう。

 

つまり、物心ついて以来、誰もが自分の欲求や行動のパターンに振り回されては、なんとかそれに適応することを繰り返す中で、自分の性格がどんなものなのか、好きにせよ嫌いにせよ、それなりに把握していくわけで、遺伝子検査は、それに科学的なお墨付きを与えるくらいの意味しかないのではないか、という気がします。

 

それに、少なくとも現時点のテクノロジーでは、自分の遺伝子を好きなように変えることなど不可能なので、自分が生まれた時点で両親や先祖から受け継いだ遺伝子と、それがもたらすさまざまなプラスやマイナスを、そのまま受け入れて生きていくしかありません。

 

結局のところ、私たちにとって重要なことは、自分のパーソナリティが遺伝的にどう説明できるか、ではなくて、自分自身のそうした性質の「変えられなさ」とどう向き合い、受け入れ、折り合いをつけていくか、という問題なのではないでしょうか。もちろん、遺伝子がすべてを決定するわけではなく、周囲の環境や自分の努力次第で変えられる部分もあるので、何をどのように変えていけばいいか、よく考えて行動する必要もありますが。

 

そしてそれらは、自分の遺伝子について知らなくても、十分にできることなのだと思います。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 19:31, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:31, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/812