このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 裏起毛ワールド | main | 「懐メロ」の効用 >>

何もない部屋がもたらす解放感

先日、ネットで興味深い記事を見かけました。

 

韓国に、監獄を模した瞑想施設があって、仕事のストレスを抱えた人々がやってくるという内容です。


ストレス過多の韓国人が逃げ込む「心の監獄」 ニューズウィーク日本版
 

独房のような部屋にあえて自分を閉じ込め、スマホも手放すことによって、積もりに積もったストレスから解放されるというのは、なかなかの荒療治に見えますが、そのアイデア自体は、とても分かりやすいと思います。

 

しかし、一週間で4700ドルという料金が気になります。狭い部屋で質素な食事をとるだけなのに、それではちょっと高すぎるのではないでしょうか。

 

もしかして、刑務所そっくりという話題性で客を集めることを狙った怪しげなビジネスなのかと思い、ネタ元と思われる記事などを調べてみたら、4700ドルという数字は間違いで、実際には5万円程度のようです。それでも高いと言えば高いのですが、それほど不自然な金額ではありません。

 

ただ、ストレスから解放されるためにシンプルな環境に身を置く、というのが狙いなら、施設をあえて監獄みたいにする必要はないかもしれません。いざとなればいつでも中からカギを開けられる仕組みのようなので、見た目はともかく、実質的には普通の宿泊施設と変わらないし、利用者たちが、自分の意思で部屋から出ないで過ごしていられるのなら、別にどんな建物でもかまわないということになります。

 

それに、参加者が厳しいルールを守り、長期間瞑想して過ごすということなら、そうした施設は世界中にたくさんあります。

 

私はネパールやインドで、ヴィパッサナー瞑想をするための10日間のコースに参加したことがありますが、期間中は基本的に、読み書きも娯楽も会話も禁じられ、ひたすら瞑想に集中するというルールになっていました。ルールは厳しいのですが、みな、自分の意思で参加しているので、主催者側からうるさく言われなくても、ルールはかなりきちんと守られていたと思います。ちなみに、同様の施設は日本や韓国にもあり、そこでは参加者が好きな金額を寄付するという方式になっています。
ウィキペディア 「ヴィパッサナー瞑想」

 

また、特に瞑想にはこだわらず、とにかくストレスから解放されたいというのなら、それこそ数えきれないほどの選択肢があります。

 

例えば、同じ数万円をかけるなら、スマホや本は持たずに、格安航空券で東南アジアの田舎とかビーチリゾートにでも行って、一週間なり十日なり、好きなだけボーっとするのもいいかもしれません。その際、あえて格安の宿を選ぶようにすれば、部屋にテレビもなければ、館内にも娯楽施設などなく、独房みたいな狭い部屋でずっと過ごすことができます。

 

さすがにそれでは息が詰まるということであれば、テレビのついた部屋で、言葉の分からない異国のテレビ番組をぼんやり見ながら過ごしてもいいし、何もない近所の田舎道を散歩してもいいし、ビーチリゾートなら、一日中海を眺めていてもいいと思います。

 

いずれにしても、仕事はもちろん、住み慣れた場所からもしばらく離れ、スマホなどの便利なアイテムも一時的に手放し、日常の思考と行動のパターンを呼び起こすようなものがほとんど存在しない、ごくごくシンプルな環境で過ごすだけで、わざわざ瞑想などしなくても、かなりのストレスから解放されるはずです。

 

そして、安ホテルのほとんど何もない部屋が、大いにその役に立ってくれるでしょう。

 

職場の居心地がいいかどうかは人によりけりでしょうが、自分の家については、それなりに快適で居心地がいいと感じる人がほとんどだと思います。しかし、部屋の中は、これまでの生活の中で自分が溜め込んできたさまざまなモノでゴチャゴチャしており、それらを目にするたびに、いつもの思考や行動のパターンが自動的に繰り返されてしまいます。

 

旅先の殺風景な部屋は、そういう、パターン化した思考や行動に陥るきっかけを与えないので、生活がリセットされ、すべてが白紙に戻ったような新鮮な感覚と解放感をもたらしてくれると思います。

 

ただ、自分で旅を計画し、実行するような人なら、そもそも、重いストレスに押しつぶされ、日常生活から逃げ出すことになる前に、いろいろな改善策を思いついて、それなりに手を打ったりできるような気もします。逆に、ストレスで限界寸前の人には、旅を自分でアレンジするような余力は残っていないかもしれません。

 

それに、何もない場所に行って、何もしなくていい時間を過ごすというのは、それまで仕事に追われまくっていたような人にとっては、実はものすごくハードルが高いことなのかもしれません。そういう人は、何もしないでいようとしても、リラックスするどころか、そわそわと落ち着かなくなったり、不安に襲われたりして、さらにストレスを抱え込んでしまいそうな気もします。

 

それならば、冒頭の監獄風施設のように、何をどうすればいいか、全てをお膳立てしてくれ、指示してくれる場所の方が、ずっと魅力的かもしれないし、とにかくそういう場所に駆け込んで、すべてをゆだねたくなってしまうのかもしれません。まあ、多少はコストも高くなるでしょうが、自分でいちいち段取りを考えなくてもいいので、瞑想に集中できて、それなりに効果も上がる可能性はあります。

 

もっとも、どこに行ってどんな方法でストレス解消をしても、残念ながら、ほとんどの場合、その効果は一時的なものでしかありません。

 

家の外で何日か過ごし、スマホをチェックしたい誘惑にも何とか打ち勝って、ようやくスッキリした気分になれたとしても、私たちの心と体には、これまでの思考と行動のパターンがべっとりと染みついてしまっているので、元の家と職場に戻ったとたん、すべてが元の木阿弥になってしまうでしょう。

 

それでも、そんな虚しい挑戦を何度も繰り返しているうちに、ほんの少しでも日常生活に変化が起きるなら、それは大成功と言っていいのかもしれないし、そうした変化に気がつくことが、ふだんの生活パターンを、さらに快適なものに変えていくきっかけになるかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 20:07, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:07, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/814