このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 過去に光を当てる | main | 道行く人を撮れない時代 >>

「免罪符」の効用

最近、スーパーやコンビニに行くと、さまざまな健康飲料が並んでいるのを目にします。テレビでも、それらがいかに身体にいいかを訴える数十秒のプレゼンが、朝から晩まで繰り返されています。

 

しかし、本気で健康にいい生活をしたいなら、そんなものを毎日飲むより、それなりの運動を習慣づけるとか、酒やタバコを控えるとか、もっと言えば、ストレスの多い仕事をスッパリ辞めて、別の仕事を探すとかした方が、ずっと効果があるのではないでしょうか。

 

でも、健康のために本当にやるべきことを、誰もがためらいもなくできるなら、世界中で健康飲料が大量に飲まれ続けることにはならないわけで、そこには、みんなが健康飲料に手を出さざるを得ない、それなりの理由があるのだと思います。

 

たぶん、私たちにとって、それらは「免罪符」のような存在なのでしょう。

 

かつてヨーロッパでは、人々が教会から免罪符(贖宥状)を買う時代がありました。贖宥状とは、教会への献金と引き換えに、自分がこれまでに犯した罪への償いが軽減されることを証明する書状です。
ウィキペディア 「レオ10世による贖宥状」(贖宥状についての分かりやすい説明があります)

 

ふだんから信仰も言動も非の打ちどころがなく、自分は天国にまっすぐ行けると確信できる人間は、当時も決して多くなかったはずだし、かといって、たとえ地獄に落ちようと、自分はすべてを甘んじて受け入れると開き直れる人もほとんどいなかったでしょう。多くの人は、死ぬまでに延々と償い続けなければならない大小の罪を抱え込んでいただろうし、もしも償いを果たさないうちに死んでしまったら、向こうの世界でいったいどんな苦しみを味わうことになるかと、ひどい不安も感じていたのではないかと思います。

 

だから、とりあえず教会にカネを払うことで、早めに罪を償い、天国入りを確実にしようとするのは、死後のためという以上に、生きている間の安心を得るため、という側面が大きかったのではないかという気がします。

 

当時の人々も、死んだ後にそんなものが本当の役には立たないだろうということは、薄々分かっていたのではないでしょうか。でも、自分が払えるカネと、手に入る安心感を天秤にかけて、とりあえずは、カネで当面の安心を買うことを選んだのではないかという気がします。まあ、私は歴史に詳しくはないので、これはあくまでも素人の勝手な想像に過ぎませんが……。

 

健康飲料にしても、それが万能の秘薬だなどと思っている人はほとんどいないでしょう。しかし、健康にいい生活になかなか踏み切れない事情がある人が、その罪悪感みたいなものを、ささやかなカネと引き換えにいったん忘れ、問題を先送りにするために、それはちょうどいい存在なのだと思います。

 

とりあえずそれらを口にしていれば、体にいいことを何もしていないという心のモヤモヤからは逃げられるけれど、それで問題が解決したとは本人も思っていないでしょう。いつか、もっと本気を出した時には何とかするつもりだけど、今はそこまではできない、だからこれでしばらく静かにしていてね、と、自分の心をうまく丸め込む感じなのではないでしょうか。

 

もしも、そういう免罪符のような働きをしてくれるモノがなかったら、私たちにできることは、すぐさま健康にいいことを始めるか、それができない自分をいつまでも責め続けて苦しむか、それとも、問題があることを否定して、万事OKだと自分にウソをつくか、しかありません。

 

前の二つの選択肢は、どちらも苦しくて大変でしょう。三つ目の選択肢も、自分を偽ることで、より大きなストレスを抱え込むことになりますが、目の前の罪悪感から逃れたい一心で、自己欺瞞に逃げ込んでしまう人は、けっこう多いかもしれません。

 

そう考えると、健康飲料というのは、選択と行動の苦しみからしばらくのあいだ逃げられる、意外に便利な存在で、そういう選択肢がないよりは、ある方がずっとマシなのではないでしょうか。

 

こういうモノがあるおかげで、どちらを選んでも苦しい選択を、いったん保留にすることができるし、問題がまだそのまま残っていることを忘れないよう、リマインダーの役割をさせることもできます。 健康飲料を口にするたびに、それが最終的な解決ではないことを、それとなく自分に思い出させるのです。

 

しかし、習慣というのは、あまりに長いこと続けていると、本人にも、それがもともと何のためだったか分からなくなることがあります。

 

免罪符を購入した昔の人々も、それをカネと引き換えに手にする前の、なまなましい葛藤のようなものは、時が経つにつれて薄れてしまったのではないでしょうか。健康飲料も、何十回何百回と口にしていれば、そのうち、何も考えずに惰性で口にするだけの存在になってしまう可能性はあるでしょう。

 

そうなると、はた目には、本人にとって何の得にもならないことを延々と続けているようにしか見えないかもしれません。それでも、本人はやるべきことをやっていないという罪悪感からはとりあえず逃げ続けていられるわけだし、問題などないと自分を偽る苦しみも抱え込まずに済んでいます。そういう意味では、たとえ惰性であっても、そこにはそれなりのメリットがあるのです。

 

とはいえ、それが問題の先送りであることに変わりはないし、永遠にそれを続けられるものでもありません。

 

それに、健康のために生活を本格的に改めていけば、最初こそ苦しいけれど、やがてしっかりとした成果も見えてきます。本気で始める決意をして、できることから少しずつ取りかかり、あせらず着実に続けていくなら、しばらくは大変でしょうが、やがて新しい習慣が、自分の心身を少しずつ変えていってくれるでしょう。

 

せっかくそういう選択肢があるのに、健康飲料を飲み続けることで、それを保留にしたまま放置してしまうのは、とてももったいないことなのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 20:16, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:16, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/825