このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

「旅人」しか信用できない

もうずっと前のことですが、あるときふと、これまで自分がどんな本に影響を受けてきたのか知りたくなって、記憶に残っている作家の名前や本のタイトルを書き出してみたことがありました。

 

そしてすぐに、それが「旅人」と、その作品ばかりだということに気がつきました。

 

子供の頃から旅行記を読むのが好きだったので、旅をテーマにした作品とか、その著者の名を思い浮かべるのは、自分にとってはごく自然なことでしたが、旅行記以外のジャンルの作家についても、かつて長い旅をしていたり、しばらく海外で暮らしたりと、その経歴の中に、旅人だった時期があるのです。

 

たぶん、いろいろな本を読んでいるうちに、作者に長い旅の経験があるかどうかを、何となく嗅ぎ分けるコツみたいなものが自然に身についてしまったのでしょう。旅人の書いた本ばかりを、無意識のうちに偏重してしまうこの傾向は、今でも変わっていません。本だけでなく、ブログや twitter などにしても、特に面白く感じ、読むのを楽しみにしている書き手は、やはり旅人であることがほとんどです。

 

彼らの書く文章には、視野の広さや、自由で柔軟な考え方が窺えるだけでなく、現実的で、地に足のついた生活感があり、適度なユーモアも感じられます。

 

彼らは、文化や生活習慣、あるいは価値観が全く違う人たちと長く接したり、一緒に暮らした経験を通じて、この世界が多様な人々によって成り立っていること、そして、一つのルールや考え方で世の中全体を仕切ることなど不可能だということを、骨身にしみて理解しています。だから、基本的に他者には寛容だし、物事が自分の思い通りにならない経験を重ねてきたせいか、いい意味であきらめがよく、肩の力がほどよく抜けています。

 

また、彼らは好奇心旺盛でフットワークが軽く、どんなときも、できるだけ自分の目で現実を確かめ、自分の頭で判断しようとします。 いわゆる公式見解や、世間の常識みたいなものを鵜呑みにはせず、日本の社会についても、自分のルーツとして深い愛情をもちつつ、同時に、突き放した視点からも自由に考え、語ることができます。ちょっと褒めすぎかもしれませんが……。

 

そして、そういうパーソナリティが反映された本ばかりを好んで読んでいるうちに、いつしか、そういう文章でないと、どうも波長が合わないというか、読んでいて居心地が悪く感じたり、書いてある内容を信用することができなくなってしまったような気がします。

 

でも、自由で寛容な感じの文章が大好きだからといって、それ以外のタイプを拒絶するようになれば、逆に自分自身の内面はどんどん不自由で不寛容になっていくわけで、何とも皮肉というか、おかしなことになってしまいます。さすがにそれではまずいので、立場や価値観の違うさまざまな人々の文章に触れるようには心がけているのですが……。

 

それと、誤解のないようにつけ加えておくと、私は、旅人として海外で長く過ごした人を無条件で信頼する、というわけではありません。

 

例えば、海外経験の結果、特定の国に入れ込みすぎて、その国の利益代表みたいになってしまったり、逆に、他のすべての国が嫌いになり、日本至上主義者になってしまう人もいます。そういう人たちも、旅の経験は豊富なのですが、さすがに、こだわりが強すぎて、ついていけないものを感じてしまいます。

 

あるいは、世界各国の表も裏もいろいろ見てきたせいか、普通の人は知らないような事情に精通し、何だかよく分からない仕事でうまく稼ぎながら、この世界のおいしいところをつまみ食いして、楽しくやっているような人もいます。そのスマートな身のこなしに羨ましさを感じるのは事実ですが、やはり、多少のうさん臭さは隠しきれないものがあるし、実際、表に出せない秘密がある人もいるのかもしれません。

 

ただ、彼らがそうなっていった理由なり経緯なりを考えると、現在の姿だけを見て、彼らを一方的に否定することもできない気はします。もしかすると自分だって、どんな経験をしたかによっては、そして、それをどう受け止めたかによっては、彼らのようになっていたかもしれないし、今後、自分がそうならないという保証もないのですから。

 

自由で寛容な精神を培いつつ、つねに現実感や生活感も失わずにいるためには、居心地のいい世界の外に踏み出して、さまざまな見聞を重ねるだけでなく、その体験とどう向き合っていくかも重要なのでしょう。そして、それがうまくいくかどうかは、実際にやってみなければ分からない、賭けみたいなものなのかもしれません。

 

それはともかく、心の自由な旅人たちに、私が憧れを感じ、彼らの文章や発言に強い影響を受け続けているのは確かですが、それは、世の中の一般的な価値観からは、かなりズレているのだろうと思います。

 

自由とか寛容とか言うとそれなりに聞こえはいいかもしれませんが、世間では、そういう腹の足しにならないことにこだわる人よりも、もっと実際的な人間の方がずっと重んじられるものです。お得な情報や面白いネタを教えてくれる人はもちろん、多くの人に受けのいい言葉やストーリーを紡いでみせる人とか、何か大きな目標に向かって突き進む人の方が、ずっと人気があるのではないでしょうか。

 

それでも、今後、世界全体がますます激しく変わっていくことは間違いないので、上に挙げたような「旅人」的なパーソナリティも、変化を受け入れ、この世界を生き抜いていくうえで、多少の役には立ちそうだし、その意味では、彼らのようなモノの見方や考え方に、ふだんから親しんでおくのも悪くはないのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 20:36, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

「懐メロ」の効用

先日、ネットで面白い記事を読みました。

 

音楽ストリーミング配信サービス Spotify の利用者のデータを調べてみたら、どの年齢層も、自分たちが中学生の頃の曲をもっとも好む傾向がみられたという内容です。

 

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている FNMNL

 

似たような話は、以前にも何度か目にしたことがありますが、膨大なデータの裏づけをもって示されると、かなりの説得力があります。

 

ただ、調査の元になったデータについては、別の解釈の余地もあるように思います。

 

上の記事では、ある曲の再生数が多ければ、その曲はユーザーに好まれていると解釈していますが、もしかすると、再生数自体は、私たちの行動パターンを客観的に示すものではあっても、音楽の好みそのものを正確に反映しているとは限らないかもしれません。

 

私たちのほとんどは、中学生時代に好きだった曲を延々と聞き続けているわけではなく、ふだんはみな、それぞれの趣味嗜好に応じて、新しい曲や古い曲をいろいろ取り混ぜて聴いているはずですが、それらの好みはバラバラなので、どれもまとまった再生数にはならず、統計的に見た場合に、目立った傾向として表れないのかもしれません。

 

その一方で、私たちは時々ふと、ずっと昔のなつかしい曲も聴きたくなるわけですが、そんなときは、アーティストや曲名ですぐに検索して曲にたどりつけるくらい、誰もが知っている有名な曲に再生が偏りがちになっているのではないかとも考えられます。中学生の頃は、まだそれほど音楽の興味が細分化されておらず、みんな同じような曲を聴いていただろうし、テレビやラジオ、あるいは街中で耳にする機会の多かったヒット曲なら、かなりしっかりと記憶に残っているはずで、ずっと後になっても、そういう曲のことは思い出しやすいのではないでしょうか。

 

Spotify は、もうレコードやカセットテープを手放したり失くしてしまったりしたような、何十年も前の曲を、いつでも気軽に聴くことができるので、そういう曲を、ふと思い出してササッと検索し、とりあえず聴いてみた、というパターンがけっこうあって、それが再生数のデータに表れてはいるが、みんな、それらの曲をなつかしいとは感じていても、大好きな曲だとまでは思っていない可能性もあると思います。

 

そして、中学時代の曲が最も多く再生されているのは、そのころの曲が好きだからというよりは、私たちがなつかしい気持ちに浸りたいと思ったときに、大学時代や高校時代よりも、中学生のころを思い浮かべ、そこに戻ろうとする傾向が強い、ということを示しているのではないかという気がします。

 

当時のヒット曲は、そうやって昔の思い出に浸るためのスイッチ、ちょっとした時間旅行の入り口として利用されているのかもしれません。

 

まあ、このあたりは、あくまでも私個人の妄想的な仮説に過ぎませんが……。

 

それはともかく、最近、Spotify で自分にとっての「懐メロ」を聴いていて気がついたのですが、昔なつかしい曲を耳にしているときに湧いてくる感情は、過去の感情の記憶がよみがえっているわけではありません。それは、音楽をきっかけに、今まさに心の中に湧き起こっている、生き生きとした心の動きです。そして、ずっと昔にその曲を聴いていたときにも、ほとんど同じような感情が、心の中に沸き上がっていたのだと思います。

記事 Spotifyと「懐メロ」

記事 記憶の発掘

 

私たちは、自分の置かれた状況とか、人間関係とか、時代の流れとか、そういうものが大きく変わっているのだから、過去と現在の自分は全く違うと思い込んでいますが、実際はそうではなく、もしも過去と同じような状況が再現されるなら、私たちの心は、今もなお、過去とほとんど同じように反応するのではないでしょうか。

 

私たちは、年齢とともにさまざまな経験を重ねている分、けっこうずる賢くなっており、自分が傷つかないように、心に鎧をまとい、うまく立ち回ったりしていますが、それは表面的な部分の話で、心の底で何を感じるかという点に関しては、歳をいくら重ねても、本質的なあり方はほとんど変わっていないのかもしれません。

 

もちろん、過去に起きたことも、過去の自分がしたことも、もはややり直すことはできませんが、過去の自分が感じていたのとほとんど同じ感情は、いつでも呼び出せるし、その中にいくらでも浸ることができるのです。

 

多くの人は、そのことに何となく気づいていて、いつの間にか見失ってしまった自分の心を取り戻したいと感じた時には、ほとんど無意識のうちに、昔の曲を聴いたりしようとするのかもしれません。なつかしい曲を耳にし、当時の雰囲気を思い出すことで、歳を重ねるごとに分厚くなっていた心の鎧から解き放たれ、たとえひとときであっても、昔のナイーブで傷つきやすく、でも今よりももっとみずみずしく、生き生きとしていた自分の心に触れようとするのではないでしょうか。

 

そして、そんなときに私たちが目指すのは、なぜか中学時代の自分というわけです。

 

中学時代は、大人の社会の仕組みやルールを理解し、身につけ、親やまわりの人々に頼らずに、いろいろなことを自分で判断し、自由に動けるようになりつつある一方で、大人の社会のしがらみにも少しずつ取り込まれ、子供のように無邪気なままではいられなくなることへの恐怖も感じている、複雑な時期でもあります。もしかすると、大人でも子供でもない、その境界の微妙な時期だからこそ、まるで脱皮や羽化の最中の生き物のように、柔らかくて繊細で不安定な心が露わになり、どんなに鈍感な人でも、自分でそれに気がつくことができるのかもしれません。

 

そうした記憶が心の底にしっかりと残っているので、生き生きとした自分の心にもう一度触れたいと思った人は、とりあえず中学時代の自分に戻ろうとするのではないでしょうか。

 

しかし、私たちは傷つくことを恐れているので、その頃のように、ずっと無防備な心のままでいるわけにはいきません。懐メロをきっかけに、しばらくのあいだ、自分自身の柔らかな心に触れたら、それを再び、心の鎧の奥にしまい込んでしまうのですが、それでも、自分の心がまだ死んでいないことを確認してホッとするのです。

 

私たちは、歳をとると、自分が昔よりもちゃんとした人間になったと思い込みたくなるものですが、懐メロは、むしろ、私たちが本質的な部分では何も変わっていないことを教えてくれます。そしていつでも、柔らかくて素朴な心を取り戻すきっかけを与えてくれます。

 

懐メロだけでなく、昔の映像とか、大事に保管してきたなつかしい品物など、時間をさかのぼり、過去の自分を思い出させてくれるアイテムは、そうした作業のために欠かせない道具なのではないでしょうか。

 

ただし、中学時代の日記などをいまだに処分していなかった場合、それらをうっかり読んでしまうと、昔の心を取り戻すどころか、忘れていた心の傷が強烈にうずきだしたり、恥ずかしさに身悶えすることになりかねないので、くれぐれもご注意ください……。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 19:08, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

何もない部屋がもたらす解放感

先日、ネットで興味深い記事を見かけました。

 

韓国に、監獄を模した瞑想施設があって、仕事のストレスを抱えた人々がやってくるという内容です。


ストレス過多の韓国人が逃げ込む「心の監獄」 ニューズウィーク日本版
 

独房のような部屋にあえて自分を閉じ込め、スマホも手放すことによって、積もりに積もったストレスから解放されるというのは、なかなかの荒療治に見えますが、そのアイデア自体は、とても分かりやすいと思います。

 

しかし、一週間で4700ドルという料金が気になります。狭い部屋で質素な食事をとるだけなのに、それではちょっと高すぎるのではないでしょうか。

 

もしかして、刑務所そっくりという話題性で客を集めることを狙った怪しげなビジネスなのかと思い、ネタ元と思われる記事などを調べてみたら、4700ドルという数字は間違いで、実際には5万円程度のようです。それでも高いと言えば高いのですが、それほど不自然な金額ではありません。

 

ただ、ストレスから解放されるためにシンプルな環境に身を置く、というのが狙いなら、施設をあえて監獄みたいにする必要はないかもしれません。いざとなればいつでも中からカギを開けられる仕組みのようなので、見た目はともかく、実質的には普通の宿泊施設と変わらないし、利用者たちが、自分の意思で部屋から出ないで過ごしていられるのなら、別にどんな建物でもかまわないということになります。

 

それに、参加者が厳しいルールを守り、長期間瞑想して過ごすということなら、そうした施設は世界中にたくさんあります。

 

私はネパールやインドで、ヴィパッサナー瞑想をするための10日間のコースに参加したことがありますが、期間中は基本的に、読み書きも娯楽も会話も禁じられ、ひたすら瞑想に集中するというルールになっていました。ルールは厳しいのですが、みな、自分の意思で参加しているので、主催者側からうるさく言われなくても、ルールはかなりきちんと守られていたと思います。ちなみに、同様の施設は日本や韓国にもあり、そこでは参加者が好きな金額を寄付するという方式になっています。
ウィキペディア 「ヴィパッサナー瞑想」

 

また、特に瞑想にはこだわらず、とにかくストレスから解放されたいというのなら、それこそ数えきれないほどの選択肢があります。

 

例えば、同じ数万円をかけるなら、スマホや本は持たずに、格安航空券で東南アジアの田舎とかビーチリゾートにでも行って、一週間なり十日なり、好きなだけボーっとするのもいいかもしれません。その際、あえて格安の宿を選ぶようにすれば、部屋にテレビもなければ、館内にも娯楽施設などなく、独房みたいな狭い部屋でずっと過ごすことができます。

 

さすがにそれでは息が詰まるということであれば、テレビのついた部屋で、言葉の分からない異国のテレビ番組をぼんやり見ながら過ごしてもいいし、何もない近所の田舎道を散歩してもいいし、ビーチリゾートなら、一日中海を眺めていてもいいと思います。

 

いずれにしても、仕事はもちろん、住み慣れた場所からもしばらく離れ、スマホなどの便利なアイテムも一時的に手放し、日常の思考と行動のパターンを呼び起こすようなものがほとんど存在しない、ごくごくシンプルな環境で過ごすだけで、わざわざ瞑想などしなくても、かなりのストレスから解放されるはずです。

 

そして、安ホテルのほとんど何もない部屋が、大いにその役に立ってくれるでしょう。

 

職場の居心地がいいかどうかは人によりけりでしょうが、自分の家については、それなりに快適で居心地がいいと感じる人がほとんどだと思います。しかし、部屋の中は、これまでの生活の中で自分が溜め込んできたさまざまなモノでゴチャゴチャしており、それらを目にするたびに、いつもの思考や行動のパターンが自動的に繰り返されてしまいます。

 

旅先の殺風景な部屋は、そういう、パターン化した思考や行動に陥るきっかけを与えないので、生活がリセットされ、すべてが白紙に戻ったような新鮮な感覚と解放感をもたらしてくれると思います。

 

ただ、自分で旅を計画し、実行するような人なら、そもそも、重いストレスに押しつぶされ、日常生活から逃げ出すことになる前に、いろいろな改善策を思いついて、それなりに手を打ったりできるような気もします。逆に、ストレスで限界寸前の人には、旅を自分でアレンジするような余力は残っていないかもしれません。

 

それに、何もない場所に行って、何もしなくていい時間を過ごすというのは、それまで仕事に追われまくっていたような人にとっては、実はものすごくハードルが高いことなのかもしれません。そういう人は、何もしないでいようとしても、リラックスするどころか、そわそわと落ち着かなくなったり、不安に襲われたりして、さらにストレスを抱え込んでしまいそうな気もします。

 

それならば、冒頭の監獄風施設のように、何をどうすればいいか、全てをお膳立てしてくれ、指示してくれる場所の方が、ずっと魅力的かもしれないし、とにかくそういう場所に駆け込んで、すべてをゆだねたくなってしまうのかもしれません。まあ、多少はコストも高くなるでしょうが、自分でいちいち段取りを考えなくてもいいので、瞑想に集中できて、それなりに効果も上がる可能性はあります。

 

もっとも、どこに行ってどんな方法でストレス解消をしても、残念ながら、ほとんどの場合、その効果は一時的なものでしかありません。

 

家の外で何日か過ごし、スマホをチェックしたい誘惑にも何とか打ち勝って、ようやくスッキリした気分になれたとしても、私たちの心と体には、これまでの思考と行動のパターンがべっとりと染みついてしまっているので、元の家と職場に戻ったとたん、すべてが元の木阿弥になってしまうでしょう。

 

それでも、そんな虚しい挑戦を何度も繰り返しているうちに、ほんの少しでも日常生活に変化が起きるなら、それは大成功と言っていいのかもしれないし、そうした変化に気がつくことが、ふだんの生活パターンを、さらに快適なものに変えていくきっかけになるかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 20:07, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)