このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

日本人のフリ

何度か長い旅をしたせいか、日本に帰って普通に暮らしていても、たまにふと、自分が外国人旅行者みたいな感覚で日本の生活を見ているのに気づくことがあります。

 

そして、そんなときは、以前ならそのままスルーしていたようなことが、とても不思議に思えたり、強い違和感を覚えたりします。

 

例えば、「テレビでよく見る謝罪会見では、どうしていつも3人のオッサンが並んで頭を下げるんだろう?」とか、「街を走っているクルマは、何でみんなピカピカの新車ばかりに見えるんだろう?」とか、「どうして日本のお坊さんは結婚して子供がいたりするんだろう?」とか、「みんなサービス残業をしたくないはずなのに、どうしてやめられないんだろう?」などなど……。

 

旅に出る前は、学校生活にしても、就職活動や会社での仕事にしても、人間関係のあり方や日々の過ごし方にしても、その中にどっぷり浸かって生きていたので、何もかもが当たり前すぎて、それが他の文化圏とはどう違っているのか、あるいは外国人からはどう見えているかなんて、ほとんど考えたことがありませんでした。

 

しかし、旅を通じて異文化をそれなりに体験した今は、日本独特の慣習や制度が日々の暮らしを作り上げていることをしみじみと実感するようになりました。そして、日常生活でちょっとした違和感を覚えるたびに、他の国の、日本とは異なる慣習や制度のことがつい頭をよぎってしまうのです。

 

似たようなことは、海外の留学先や赴任先から戻ってきた人も多かれ少なかれ感じているようで、「逆カルチャーショック」で検索すれば、具体的な体験談をいくらでも読むことができます。
ウィキペディア 「異文化コミュニケーション」
記事 旅の名言「放浪の旅で待ち受けている……」

 

ただ、多くの場合、帰国した直後はいろいろな驚きを感じたり、笑える失敗を重ねたりするものの、日本の生活に再びなじんでいくにつれて、違和感は徐々に消えていくようです。

 

だからたぶん、帰国してからずっと違和感の消えない私の場合は、かなりの重症なのだと思いますが、そうした違和感が生じる原因の多くが自分にありそうだという自覚はあるので、日々の生活で変だと思うことはあっても、それに対していちいち「変だ!」と声を上げることはありません。

 

それに、声を上げることに意味があるとも思えません。ここは日本で、絶対的な多数派である日本人がそれを当たり前だと思っている分には何の問題もないわけだし、それをあえて変えさせようとするなら余計なお世話です。実際、つまらない摩擦を起こしてお互いに消耗するだけでしょう。

 

結局、なんか変だなあ、不思議だなあと思いながらも、今まで通りに、黙って日本独自の風習に従い続けることになります。そして、そうしている自分が、まるで日本人のフリをした外国人で、その正体がバレないように、必死で日本人のモノマネをしているような気がしてくることがあります。

 

そういえば、海外の旅行先でも、余計なトラブルを避けるために、つねに周りを見て、郷に従い、現地の「普通」に合わせようと心がけていました。それにそもそも、身近な人々を観察してその言動に合わせるのは、人間なら誰もが子供のころからずっと無意識のうちにやっていることです。

 

でも、よく考えてみれば、どうして自分は、変だと思いながら日本人のフリをし続けているのでしょう? 

 

それは、これまでずっと続けてきた無意識の行動がやめられないだけ、という面もあるわけですが、だからといって、これからもずっとそれを続けなければならない理由にはなりません。かりに日本人のフリをするのをやめたら、あるいは日本人のマネをしていることが他の日本人にバレたとしたら、それで何か不都合でもあるのでしょうか?

 

そのことについて、あれこれ考えていくうちに、私の心の奥底に、同じ日本人から仲間外れにされることへの恐怖心があるのかもしれない、と思い至りました。そして、日々のマスメディアの報道や、身近な人々とのやりとりから感じる、強い同調圧力のようなものが、その恐怖感の原因になっている気がします。

 

もし、日本の社会にそのような同調圧力が存在するのだとしたら、それは、日本人の中に、お互いのモノの考え方や行動をシンクロさせなければならない強烈な理由があるからでしょう。その理由が何なのかは私もよく分かりませんが、とにかく同調を乱すということは、私たち日本人が無意識のうちに守ろうとしている、はっきりと言葉では説明できないが、何かとても大事なものを壊すということであり、当然、その「罪」に対して厳しい制裁を受けるのではないかと恐れているのだと思います。

 

しかし、そうした圧力をヒシヒシと感じながら、それに黙って従うフリをすればするほど、逆に、自分が「よそ者」であるという意識が強まっていくような気がします。そしてそれは当然、仲間外れになるのではないかという不安な気持ちをますますかきたてるのです。

 

だからといって、昔のように、何も考えず、日本人としてその風習にどっぷりと浸かった状態に戻ることもできないわけで、結局、うまい解決の方法もなく、自分がどこにも属していないような、宙ぶらりんで不安な状態におかれたままになってしまうのです。

 

そして、話をさらにややこしくするのは、かりに今後も日本人のフリをし続けるのだとして、そのモデルとなる日本人とは、いったい誰なのか、という問題です。

 

典型的な日本人のマネをしようと決意したとしても、日本人特有のモノの考え方とか行動パターンを理想的に体現した、究極の日本人なる者はどこにも存在しません。世界中で流布しているジョークの中には、ステレオタイプな日本人がよく登場しますが、それはあくまで、日本のことをよく知らない外国人が勝手に思い込んでいるイメージに過ぎないし、かといって、私たち自身が思い浮かべる日本人のイメージにしたところで、漠然としているだけでなく、誰がそれをイメージするかによって中身はバラバラです。日本のどの地域に住んでいるか、世代はどうか、あるいはどんな仕事についているかや社会的な地位によって、日本人という言葉からイメージするものはかなり異なるのではないでしょうか。

 

だとすれば、今、私がやっている日本人のフリにしたって、それはあくまで私がイメージした日本人の姿を、大雑把に演じているにすぎないということになります。だから、どれだけ自分がそれをうまく演じてみせたところで、他の日本人から見れば必ず何らかの違和感を覚えるはずです。

 

どうせいいかげんなモノマネしかできないのなら、そして、どう演じたとしても必ず誰かに違和感を与えることになるのなら、もういっそのこと、「日本人とは何か」みたいな、終わりのない問題と格闘するのはあきらめて、自分がいいと思ったモノの見方なり、行動パターンなり、ライフスタイルなりを自由に選び取り、日本人としてではなく、ただのひとりの人間として生きていくしかないのかもしれません。

 

もちろん、それはそれで大変なことです。きっといろいろな摩擦を引き起こすだろうし、とりあえず周囲に同調することで得られる安心感みたいなものもありません。

 

でも、「日本人」という幻を追いかけて途方に暮れたり、無理に「日本人らしきもの」を演じて消耗することになるなら、自分は自分だと開き直ってしまった方が、結局は楽なのかもしれないという気がします。

 

もっとも、思いっきり開き直って我が道を行き、日本人のイメージを心から振り払ったつもりになったところで、それを外国人から見れば、やっぱりごく普通の日本人にしか見えない、というオチになりそうですが……。

 


記事 インド病


 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 18:56, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

地球特派員たちのレポート

先日、「Astronaut.io」という、ちょっと変わったサイトがあるのを知りました。

 

「閲覧数ゼロのYouTube動画」と「宇宙」の織りなすファンタジー WIRED

 

衛星軌道から見た地球の風景をバックに、YouTube から集められた地味な映像が、次々に切り替わりながら延々と流れ続けるというものです。

 

サイトの製作者は、あえて人目をひかないような映像を選び出す工夫をしているようで、実際に見てみると、そのほとんどは、子供の発表会や何かのセレモニーの記録とか、どこにでもいそうな普通のペットの動画とか、殺風景な部屋の中での自撮りみたいな、部外者にとっては面白みのないものばかりです。

 

それに、撮影された国も、話されている言語も千差万別で、しかも10秒もしないうちにどんどん次の映像に移っていくので、そもそも何を撮っているのかさえ分からないものもけっこうあります。

 

最初のうちは、見知らぬ人の私生活を覗いてしまったような落ち着かない気持ちになりますが、そのまま映像をボーっと眺め続けていると、そういう感覚はしだいに薄れ、そのうちに、何だか切ないような、不思議な感情がじわじわと湧いてくる感じがします。

 

そしてそれは、異国でローカルバスに乗り、窓の外を流れていく路上の風景をぼんやり眺めているときの感覚に似ています。

 

ただ、サイトの製作者は、そういう漠然とした旅情みたいなものよりも、宇宙飛行士が宇宙から地球を見渡すことで、ローカルな価値観に囚われた自分をはるかに超えて、地球全体や人類に対する強い慈しみの気持ちを抱いたり、争いの虚しさに気づき、その後の意識や行動に変化が生まれるという、いわゆる「概観効果(オーバービュー・エフェクト)」のようなものを生み出すことを狙っているようです。

 

果たして、それが成功しているかどうかは、私も宇宙に行ったことがないのでよく分かりませんが……。

 

それはともかく、「Astronaut.io」を見ているうちに、ふと、それらの映像を撮影した人たちは、いや、それらに限らず、YouTube や他の動画共有サイトにアップロードされたすべての映像を撮った人たちはみな、どこからか地球に派遣された特派員で、それぞれの映像は、業務の一環として、彼らが報告すべきと感じた出来事をまとめたレポートなのかも……という妄想が浮かんできました。

 

というか、私たち人類は全員、はるかかなたのどこかの星から送り込まれたレポーターで、何らかの理由で、自分が生まれた星のことも、仕事をする上でのさまざまな知識も、レポートを上手くまとめるテクニックもすっかり忘れてしまっているものの、なぜか、気になったことを誰かに報告しなければならないという義務感だけは、ぼんやり覚えているのかもしれません。

 

そして、自分がこの地球という星の上でなんとかサバイバルし、日々の生活の中で心を惹かれたこと、記録せずにはいられなかった出来事をまとめて、どこにいるのか、誰なのかも分からない自分たちの「ボス」に向けて、自分なりのレポートを提出しようとしているのかもしれません。

 

この地球がどんな星で、この星の上で生きるとはどんな感じなのかを……。

 

そんな妄想上の設定をふまえて、あらためてネットの世界を見てみると、YouTube とか Twitter のようなサイトには、そんなレポートが絶え間なく提出され続けているわけで、自分が今、そうした膨大な報告のごくごく一部を眺めているにすぎないと思うと、何だか気が遠くなるような感じがするし、日々せっせと何かをレポートせずにはいられない私の「同僚」の特派員たちに、温かい思いが湧いてくるような気がします。

 

もっとも、特派員たちは、自分が何のためにそれをやっているのか、本当の目的が分かっているわけではないし、中には、使命を忘れるどころか、混乱のあまり、この星のあちこちで、仲間同士で命がけのケンカをしたり、レポートの内容をめぐって炎上騒ぎを起こしたりする「同僚」たちもいるわけですが……。

 

 


ところで、話は変わりますが、2006年にこのブログを始めてから、今月で11年になりました。

 

これまで、記事を読んでくださった皆様に、心よりお礼申しあげます。

 

どうもありがとうございました。

 

これからも、このブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

at 19:14, 浪人, ネットの旅

comments(0), trackbacks(0)

「機械の目」で見る社会

先日、ネットで面白い記事を目にしました。

 

Googleストリートビューと機械学習の組み合わせが「選挙でどの政党が勝つか」を予測する  WIRED

 

Googleストリートビューに映し出された街の風景や、衛星写真の画像、あるいはTwitterのつぶやきなどの大量のデータを解析し、対象となる地域に暮らす人々の社会的・経済的な状況を推測する試みが進んでいるという内容です。

 

そういえば、以前にこんなニュースもありました。

 

世界初、ビッグデータと衛星画像でGDP推計 ニューズウィーク日本版

 

衛星写真に映し出された夜の明るさから、各国の経済活動のレベルを推測するというものです。

 

これらに共通するのは、すでに存在している膨大なデータに着目し、それらを機械で解析することによって、そこに人間でも理解可能な、意味のあるパターンを見出そうとしていることです。

 

はるか昔、人間の社会が数十人、数百人単位で成り立っていたころはともかく、社会がもっと巨大で複雑になると、それを誰か一人の人間が直接自分の目で見て把握することは不可能になり、社会のリーダー層は、人々の暮らし向きはどうか、何か問題は起こっていないか、自分自身の限られた知識や経験から想像したり、専門家の報告に頼ったりするしかなくなりました。

 

そうした状況では、リーダー層が現実を見誤ったり、あえて目を背けたりしたために、悲惨な結果を招いたことも多かったでしょう。しかし、私たち人類は、苦い失敗を繰り返す中で、社会の全体像をできるだけ正確に把握するためのさまざまな統計的手法を編み出し、数多くの人々が膨大な手間と時間を費やして、情報を一つ一つ積み上げる努力を続けてきました。

 

ただ、そのためにかけられるコストには限度があるし、豊かな社会でなければ十分な統計を整備することもできません。また、人間の行う作業である以上、そこには誤りや不正の余地もあります。それに、最近ではプライバシーの問題もあって、人々が統計調査に協力的ではなくなりつつあるようです。

 

今、世界中で進んでいるテクノロジーの進化は、そうした手作業の集積のような統計とは別に、すでにネット上などに存在したり、安価に手に入れることのできる膨大なデータを流用し、機械の手で解析することで、私たちの社会の実情について、これまでとは別の視点からの、かなり正確な姿を描き出すことを可能にしつつあります。そして、そうした解析のプロセスは、いったん確立してしまえば、後はほとんど人手を介さないので、時間も費用も劇的に削減できるし、不正の余地もありません。

 

もちろん、それによって伝統的な統計手法がすぐに廃れてしまうようなことはなく、むしろ、従来の統計と新しい「機械の目」は、互いの長所を生かし、補い合うような形になっていくのだろうと思います。

 

「機械の目」は、今後しばらくの間は、開発した企業や個人の利益追求のために使われることになるのでしょうが、やがてそれらの技術が普及して当たり前の存在になれば、誰もがその恩恵を受けられるようになり、私たちは、自分たちの社会の現状を、ほぼリアルタイムで、詳しく正確に知ることができるようになるでしょう。

 

というか、将来的にはたぶん、私たちがいま想像しているレベルをはるかに超えて、社会全体や各個人の実態が、それこそ丸裸になるくらいまで可視化されていくのではないかという気がします。

記事 可視化される心

 

それは、たしかに恐ろしい状況かもしれないし、実際、大勢の人がディストピアの到来を懸念しています。ただ、「機械の目」がもたらす情報の大部分は、昔みたいに、ごく一部のリーダー層が独占する形にはならないと思うし、むしろ逆に、国によっては、人々に偽りの統計を見せてごまかすようなことが難しくなり、社会のありのままの姿をみんなが認識できるようになる可能性も高いのではないでしょうか。

 

非常に楽観的な見方をするなら、古代の王様が高い山に登って人々の暮らしぶりを一望したように、将来は、人間的な利害関係から自由な機械の公正な目が、人間に代わって「国見」をしてくれる時代がやってくるのかもしれません。

 

ただ、問題があるとすれば、そうやって得られた膨大な情報を、専門家だけではなく、私たちのような普通の人間が理解できるような形にどうやってまとめるのか、ということです。

 

統計というのは、もともと人間の感覚では直接とらえることのできない巨大なものや、複雑なものを、なんとか人間の頭で理解できる形で示そうとするものですが、それでも、私たちの日常のレベルを超えた物事というのは、なかなかうまく頭に入ってきません。人間社会の多様で複雑なあり方を、どれだけ正確に示すことができたとしても、それがほとんどの人に理解されなければ、結局、それは宝の持ち腐れになってしまいます。

 

それに、社会の実情がどれだけ分かりやすくまとめられたとしても、あえてそれを知りたいと思う人間が、果たしてどれくらいいるのだろうか、という問題もあります。

 

そもそも、正確な統計データ自体は現在でも存在するわけですが、そうした資料を調べ、それなりの手間暇をかけて社会の現状を知ろうとする人は、決して多いとはいえないでしょう。また、ジャーナリストや研究者のように、自分の足で海外や国内を回り、さまざまな人々の声に耳を傾けることによって、普通の人よりも、世の中の全体像がずっと正確に見えている人もいるはずですが、社会全体から見れば、彼らは圧倒的な少数派です。

 

私たちのほとんどは、ふだんは身の周りのごく狭い世界しか見ていないものだし、付き合う人たちの価値観もだいたい似通っていて、その外側に存在する、広大で多様な世界のことは漠然としか想像できないし、それらをあえて知ることに、何か意味があるとはなかなか思えないものです。

 

というか、今、世界の国々で起きている出来事などを見ていると、かなり多くの人々は、人間社会の本当の姿を知ることなど望んではおらず、むしろ、世界はこうあってほしいという幻想を、ずっと見続けていたいだけなのではないか、という気もしてきます。

 

私自身も、偉そうなことを言える立場ではなく、これまでさまざまな幻想に振り回されてきたし、今もなお、何かとんでもない思い込みでゆがんだ目でこの世界を見ていながら、自分では、そのことに全く気づいていなかったりするのかもしれません。

 

そう考えると、「機械の目」が人間社会をどれだけ正確に描き出せるようになったとしても、それを受け止める側の私たち自身が日常的な意識の壁を乗り越えて、この世界をより大きな視野で眺めようという気にならなければ、そして、現実に触れることによって自分の思い込みが打ち砕かれ、これまで築き上げてきた世界観が揺らぐことまで受け入れるのでなければ、結局、それらの情報は、これまでと同様、あまり生かされないままで終わってしまうのかもしれません……。

 

 

記事 「見えすぎる」世界

記事 「見えにくい」世界

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 19:05, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)