このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

旅への幻想に振り回されることについて

前回の記事では、旅を重ねていくうちに、子供のころから抱いていた異国への幻想が失われていったことを書きました。
記事 異国への幻想

 

ただ、いま読み返してみると、そうした幻想に浸ることで味わえた幸福感も一緒に消えてしまったことを、感傷的に振り返るような内容になっていて、幻想を失うデメリットを強調しすぎたかな、という気がします。というか、むしろ、幻想に振り回されることがどれほどの災いなのか、きちんと説明していませんでした。

 

異国や旅への幻想は、結局のところ、思い込みや勘違いで出来上がっている部分が大きいので、それらが強力であればあるほど、旅先の現実とのあいだで矛盾や混乱を生じることになります。当然、それは旅をする上でさまざまなトラブルを引き起こすし、場合によっては旅人を危険にさらすこともあります。

 

だから、この世界をできるだけ曇りない目で見るためにも、安全に旅をまっとうするためにも、そうした幻想は、できるだけ早く手放してしまう方がいいのですが、ちょっと話がややこしいのは、幻想というのは、自分の意志でホイホイと捨てられるようなものではないし、幻想が打ち砕かれる瞬間は、当人にとって非常に苦痛だったりするので、それを手放すどころか、逆に必死になって守ろうとしてしまいがちだということです。

 

例えば、パリにずっと憧れていた日本人が、実際に旅をして現実のパリに幻滅し、心を病んでしまうようなケースは、「パリ症候群」と呼ばれているようですが、パリにかぎらず、長い間、自分の理想を投影し、大事にしてきたイメージが目の前で崩壊していくのは、旅人にとって大きなショックだろうし、その瞬間には、幻想から解放された喜びどころか、苦しみしか感じないでしょう。
ウィキペディア 「パリ症候群」

 

そうしたショックから回復するには、人にもよるでしょうが、それなりの歳月が必要です。そして、心の深い傷が癒えたあと、ようやく、当時の自分がどれだけ偏ったイメージにとらわれていたかに気づき、そうした幻想を失った自分が、少しだけ自由になっていることを、しみじみと実感するのです。

 

私の場合は、特定の国や街への強い思い入れはありませんでしたが、旅を続けるうちに、どこへ行っても心から旅を満喫できていないようなモヤモヤを感じるようになりました。

 

それは、旅が長くなりすぎて、好奇心や新鮮な感覚が失われたせいもあったのでしょうが、それに加えて、一目見ただけでその土地に夢中になってしまうくらい素晴らしい場所に、いつまでたっても出合えないというフラストレーションも大きかったのではないかという気がします。

 

それが特定の街への幻想だったなら、「パリ症候群」みたいに一気に壊れてしまい、幻想が生き延びることもなかったのでしょうが、私の場合、「素晴らしい場所」とは何なのか、具体的な条件がハッキリしていたわけでもなく、もしも理想の場所にたどり着いたら直感的にわかるはず、みたいな、怪しげな思い込みがあるだけだったので、もっと旅を続ければ、どこかにそんな場所が見つかるかもしれない、あるいは、どこかで予想もしていなかったようなものすごい体験が得られるかもしれないという、根拠のない期待となって、心の中にいつまでも居座り続けました。

 

そして、それが常に期待のハードルを上げてしまうので、どれだけ素晴らしい風景を目にし、貴重な体験をしても、目の前の瞬間に集中し、心から満足することができなかったのでしょう。

 

考えてみれば、少年時代の私の異国への幻想は、何年にもわたって旅への憧れをかきたて、さらには、さまざまな心の壁を乗り越え、実際に旅を始める後押しをしてくれたわけですが、それが同時に、旅に対する過剰な期待となって、むしろ、旅を心から味わうことを邪魔する、タチの悪い足かせになってしまったのでした。

 

しかし、当時の自分は、そういうことにはほとんど無自覚でした。どこに行けばいいのか、どうしたら満足のいく旅ができるのか、何も分からないまま自問自答を続け、試行錯誤を重ねるうちに、私の旅は、旅行者があまり訪れないマイナーな場所をめざしたり、困難の多いルートや方法をあえて求める、苦行のようなスタイルになっていきました。自分が幸せな気分に浸れるような理想の場所を求めるはずだったものが、心の中の幻想に振り回されることで、逆に、ストレスばかりの苦しい旅になり果ててしまったわけです。

 

そのまま、旅は迷走を続け、あるときふと、紛争地帯に足を踏み入れることまで考え始めている自分に気づいたとき、こんなことを続けていたら、そのうち命を落とすことになるんじゃないかとゾッとしました。

 

登山家や冒険家、戦場カメラマンなど、危険と隣り合わせの旅をしている人たちは、明確な目的意識はもちろん、必要な経験や能力も持ち合わせているだけでなく、生きて帰ってくるために周到な準備をし、それでもどうにもならない場合があることも覚悟して旅に臨んでいるはずです。しかし、そのときの私には、命をかけてもいいと思えるほどの思い入れもなければ、経験も能力も、しっかりとした覚悟もなく、そんなフラフラとした気持ちで絶体絶命の危機に見舞われても、こんなはずじゃなかったとジタバタするのが目に見えていました。

 

そんな自分の状況が見えたとき、どれだけ幻想を追ったところで、その先に「約束の地」なんてないんだと痛感し、私の旅は(いったん)終わりました。

 

本当に後悔するような状況になる前に気づけたのは幸いでしたが、前回の記事でも書いたように、それはたぶん、それまでの間に体験してきた旅の現実によって、幻想の威力が次第に薄れ、それに従わなければならないという強迫観念からも、少しずつ自由になれていたからなのでしょう。

 

そして、幻想から覚めたことで、それまでの自分が、どれだけ不自由なモノの見方をしていたかに、改めて気づかされたのでした。

 

子供のころの幻想を手放した大人たちが、別にスーパーマンになるわけではないように、幻想を失うといっても、それによって何か特別に素晴らしいことが起きるわけではありません。ただ、大人になってから子供時代を振り返ってみれば、当時の自分がモノを知らず、考えも浅く、出来ることもわずかで、いかに不自由に生きていたかがよく分かるし、それにくらべれば、(あくまで相対的にではありますが)大人の自分がずっと自由に生きていることに気づくはずです。

 

どんな幻想であれ、それに振り回されているあいだは、つねに混乱と不自由の中にいるわけで、その一部だけでも手放すことができれば、生きていくのがそれなりに楽になるし、現実の世界とも、もっと折り合いをつけられるようになるのだと思います。

 

このあたりに関しては、旅にかぎらず、仕事や恋愛でも、同じことが言えるのかもしれません。

 

もっとも、この世界はとてもややこしく出来ていて、何年もかけて、ようやくひとつの幻想から自由になったと思えば、それもまた、別の大きな幻想の中だったりするわけですが……。

 

 

記事 「旅人の楽園」は幻想?

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 19:00, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

異国への幻想

もうずっと昔、自分がまだ中学生だった頃、世界各地の写真集や旅行記を図書館から借りてきては、それを眺めたり読んだりするのが大好きでした。

 

今のようにインターネットもなく、海外事情を扱うテレビ番組もそれほど多くなかった当時、そうした本で初めて目にする風景も多く、ページをめくるたびに新鮮な驚きがあったし、読めば読むほど、異郷への憧れがかき立てられました。

 

そして、眠りにつく前のひととき、見知らぬ街角にたたずむ自分の姿を想像しては、何ともいえない感傷的な気分に浸ったり、そうした旅先で、とてつもなく面白い出来事が起きるんじゃないかという期待に胸をふくらませたりしたものです。

 

そんな習慣が身についたのには、外の世界に対する年齢相応の好奇心はもちろん、身の周りの世界への漠然とした不満があったことも大きかったのでしょう。

 

生まれて十数年経って、この世界がどういうところか子供なりにわかり始め、親や学校や世の中に対して違和感や反発を覚え、ここは自分の本当の居場所じゃないと感じるようになったことで、その裏返しとして、想像できるかぎりの素晴らしいものを、ここではない別の世界に投影し、遠く離れた外国のどこかに、自分のための理想の場所があるはずだと信じたくなったのかもしれません。

 

とはいえ、まだ幼かった当時の自分には、そうした異世界への冒険に踏み切るだけの能力も手段も勇気もなく、結局は、本で仕入れた情報を材料にして、理想の土地を頭の中で漠然と描き続けることしかできませんでした。

 

それから数年後、初めて東南アジアを旅したとき、異国の現実は五感を強烈に刺激し、先の見えない自由な旅の面白さも、想像をはるかに超えていました。しかし、それは同時に、頭のなかで限りなく膨張していた異国への幻想が、容赦なく打ち砕かれていくプロセスでもありました。

 

何度か旅を重ね、現地の人々とカタコトで会話を交わしたりする中で、彼らもまた私たちと同じように、与えられた環境の中で、ささやかな幸せをつかもうと日々もがき続けているごく普通の人たちだという、当たり前の事実に気づかされたし、気候風土や政治的・経済的な状況の違いに関わらず、どんな土地にもそれぞれ特有の問題があって、この世界には、どこにも欠点のない、完璧な場所など存在しないという苦い現実も、ますますはっきりと見えてきたのです。

 

そのために、旅をしたいという気持ちまで消えたわけではありませんが、少なくとも、遠い異国に行きさえすれば自分の抱えているさまざまな問題がおのずと解決されるだろう、とか、いつか自分にとっての「約束の地」がどこかに見つかるのではないか、みたいな、根拠のない期待に踊らされることはなくなりました。

 

ただ、それによって、以前に抱いていたような旅への熱い思いを、かなり失ってしまったことも確かです。

 

もちろん、幻想というものは、どんなものであれ、いずれは否定される運命にあるわけだし、幻想を失うまいとして、腫れ物に触るように生きるくらいなら、そんなものはないほうがいいのでしょう。

 

とはいえ、中学生の頃、まだ見ぬ世界を想像し、自ら生み出した幻想に浸る中で感じていた多幸感を、今、かすかに思い出しながら、そういう気持ちはもう二度と持てないんだろうなと思うと、少し、というより、かなり残念な気がします。

 

そして、そうやって幻想を手放していくことが、自分にとって、果たして本当に素晴らしいことなのか、幸せなことなのか、ちょっと分からなくなることもあります。

 

もっとも、今の私は、異国への幻想をほとんど失ったとはいえ、この世界でよく知らない分野はまだまだたくさんあります。そうした分野では、自分でもちゃんと自覚していないだけで、いまだに途方もない幻想を抱き続けていたりするのでしょう。

 

これからさらに歳を重ね、痛い思いをしながら現実を学ぶことで、そういう幻想も少しずつ消えていくのでしょうが、そうした幻想や妄想から完全に自由になった人間なんて(たぶん)ほとんどいないことを考えれば、すべての幻想を失うのがいいことなのか、その先に何があるのか、先回りして余計な心配をする必要などないのかもしれません……。

 

 

記事 旅への幻想に振り回されることについて

記事 「旅人の楽園」は幻想?

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 19:44, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

広告という罰

今、ネット上では、基本的に無料で、課金すると便利な機能が追加されたり、広告表示が消えたりする、「フリーミアム」と呼ばれるタイプのサービスが普及しています。
ウィキペディア 「フリーミアム」

 

無料という気安さから、とりあえず試しに使ってみることができるし、実際に使い続けても、基本的な機能だけならずっとタダなので、私も、このブログを含め、いくつかのサービスを何年も使わせてもらっています。

 

とはいえ、サービスによっては、やたらと表示される広告が邪魔で、ときどきイラッとすることがあるし、そもそも、私のような貧乏人にいくら広告を見せたところでムダではないかとも思います。

 

考えてみれば、カネに余裕がある、つまり、広告主にとってはお客様になる可能性の高そうな人々の方が、むしろ、課金することによって広告を目にしなくなり、逆にカネがなく、広告を見る意味のあまりない人々ばかりが延々と広告を見せられるという、本末転倒なことになっている気がしなくもありません。

 

そして、興味も意味もない広告を浴びせかけられる多くのユーザーは、それを、無料のサービスと引き換えにガマンしなければならない苦痛みたいなものと感じているのではないでしょうか。少なくとも、私の場合はそうなってしまっています。

 

もちろん、自分がいま利用しているさまざまなサービスが、広告主が負担するコストの上に成り立っていることは理解しているし、その点ではむしろありがたいとも思っているのですが、残念ながら、そういう殊勝な気持ちというのは常に維持できるものではなく、サービスに慣れ、それが日常生活の一部として当たり前のものになればなるほど、かえって広告が目ざわりで余計なものに感じられ、それらを見続けることが、何か、自分に課せられた罰みたいにさえ思えてくるのです。

 

そして、そういうネガティブな気持ちで広告と接していると、広告元の企業や商品に対しても、自分の中でどんどんマイナスのイメージが植えつけられていくような気がします。

 

もしも、私と同じように感じてしまうユーザーが他にも大勢いるなら、広告の本来の意図からすれば、完全に逆効果になってしまっているのではないでしょうか。

 

しかし、例えば民放のテレビでは、昔も今も、番組の途中で頻繁にコマーシャルが入ります。私も、昔はそれを当たり前だと感じていたし、そういう仕組みに違和感を覚えることもほとんどありませんでした。

 

それなのに、ネットの世界では、どうして広告がこんなにも邪魔に思えてしまうのでしょうか。

 

もしかすると、ネットが普及し、そこでさまざまな人々が大量の情報を発信するようになったことで、もともと広告というものがもっているいびつな側面に気づかされるようになったからかもしれません。

 

広告は、商品を売ろうとする側の都合だけに沿った情報を一方的に植え付けようとしますが、今では、ネット上のクチコミを通じて、それが商品の一面に過ぎないことを、みんなが知っています。

 

それに、一方的な情報というものの裏には、政治的な目的にせよ、イタズラ目的にせよ、何かよからぬ意図があるケースが多いものです。ネットでも、多くの人がそうした情報に踊らされたり、痛い目に遭ったりすることでそれなりに学習し、一方的な情報を目にしても、何か不自然だ、怪しい、と反射的に感じる習慣が身についているのではないでしょうか。

 

そのせいか、広告を見ていると、同じような怪しさを感じて身構えてしまうことがあるし、そこであえて触れられていないことの方が、むしろ気になってしまうのです。

 

広告主は、もちろん、そんな反応を引き起こしたいとは思ってもいないのでしょうが……。

 

いずれにしても、ネット世界の多様な視点に慣れ、一面的な情報というものに不自然さを感じるようになった人間にとって、今の広告の多くは、何かバランスを欠いた、見ていてイラッとする存在になってしまっています。

 

バランスを欠いたものを見続けるのは苦痛なので、私たちは、広告に対して意識的・無意識的にツッコミを入れることで、心のバランスを保とうとします。広告が触れようとしない、商品のネガティブな側面を想像し、クチコミサイトの辛辣なレビュアーみたいなコメントを心の中で叫ぶことで、一方的に押しつけられるバラ色のイメージを「解毒」するのです。

 

でもまあ、そんなことを続けていると、どんどん性格が悪くなってしまいそうな気がするし、いちいちそんな面倒なことをしたくない人は、広告を非表示にするツールを使ったり、課金して広告を回避したりするのでしょう。しかし、それができない人は、自分を守るために、目の前の広告にひたすらツッコミを入れ続けなければならないのです。

 

それはまさに、無料サービスを得るための、精神的な労働なのかもしれません……。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

at 18:54, 浪人, ネットの旅

comments(0), trackbacks(0)