このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

探求と選択と自覚のプロセス

◆ ネット上の情報選択

 

以前にもこのブログで何回か書きましたが、私はネット上での情報収集のために、今でもRSSリーダーを愛用しています。
記事 カレイドスコープ・メディアの時代?
記事 RSSリーダーの「断捨離」
記事 最強のエンターテインメント?

 

ずっと昔、RSSリーダーを使い始めたころは、登録したサイトの数もそれほどではなかったので、ちょっとした散歩でもするような気持ちで、見出しをざっと眺めてみたり、気になった記事を読んでみたりという作業を、行き当たりばったりに繰り返していました。

 

しかし、チェックしたいサイトの数がどんどん増えて、フィードの数も膨大になると、気分にまかせてあちこち寄り道するようなやり方を楽しむ余裕がなくなりました。それではとにかく疲れるし、時間がかかりすぎます。いったん始めたチェック作業がいつ終わるのか目処が立たず、好きなことをしているはずなのに、だんだんイライラしてくるのです。

 

それでも、毎日膨大なフィードを処理しているうちに、おのずと、作業の流れのようなものが確立されていきました。今は、RSSリーダーを立ち上げるのは一日2〜3回ほどに制限し、そのさいにはできるだけ時間をかけず、自分の興味関心にうまく当てはまるものとか、特に理由はないが何となく気になるものを、流れ作業で瞬時に選別する感じで、読む記事と読まない記事とをどんどん振り分けていきます。

 

この時点で、一度読まないと判断された記事を、あとで読むような機会は二度とありません。明日になれば、いや、数時間後には、RSSリーダーに次の新しいフィードが大量に溜まっているので、もはや、過去にさかのぼって記事の再チェックをしているような時間はないのです。だから、一瞬の判断で読まないと決めた記事については、初めから縁がなかったということで、すっぱりと忘れ去るしかありません。そして、読むと決めた記事だけを、後で時間をみつくろって、少しずつ読んでいきます。

 

とはいえ、こういうフィードのチェック作業には、かなりの集中力が必要だし、目も頭もけっこう疲れます。それに、こうした作業に毎日かなりの時間もかかっているので、それらが自動化できたら、かなり楽だろうな、とは思います。実際、ネット上のさまざまなサービスも、そういう方向に向かって開発と進化が進んでいるように見えます。

 

 

 

◆ 探求と選択と自覚のプロセス

 

そして、日常生活において、こうしたチェックや選別のプロセスというのは、至るところに存在します。

 

例えば、テレビのザッピング。私たちは、ひとりでボーっとテレビを見ているときなど、チャンネルを目まぐるしく変えながら、見たい番組を決め、それと同時に、いくつもの裏番組という別の選択肢を捨てていきます。

 

あるいは、私たちは、巨大なショッピングモールやネット通販のサイト上を、特にあてもなくぶらついたりします。そして、ゆっくりと時間をかけ、膨大な商品の山に目を泳がせながら、その中のごくごくわずかな、自分が本当に欲しいと思うものだけを選び出していくわけですが、それは同時に、他の無数の商品を購入する可能性を、バッサリと切り捨てていくことでもあるのです。

 

私たちは日夜、ムダとしか思えないような多大な時間と手間暇をかけて、目の前に広がる数え切れない選択肢に目をやり、それを自分の興味関心や必要性とつき合わせ、その中から、選ぶべきわずかなものだけをすくい上げています。そのプロセスはふつう、ほとんど無意識のうちに行なわれているので、自分の心の中で何が起きているか、きちんと自覚されることはめったにありません。しかし、実際には、そうやって無意識の選別が行われるたびに、自分はどういう人間で、何を欲しているのか、つねに自分自身への問いかけがなされているはずです。

 

そしてそれは、自分の興味や関心という、そのままでは漠然としてとりとめのないものを、見たいテレビ番組とか、欲しい商品を選ぶという行動を通じて、具体的なイメージやモノという、目に見える形に変換していくことでもあります。

 

私たちは、そういう活動を毎日のように繰り返すことで、自分がどんな人間であり、何を求め、どこに向かって進もうとしているのかを確認し、それを分かりやすいイメージとして自覚していくのだと思います。実際、私たちが、自分はどういう人間かと考えるとき、頭の中には、これまで自分が選び、好きになった商品やコンテンツ(の集合体)が浮かんでくることも多いのではないでしょうか。

 

もちろん、この世界全体が常に変化しつつあるように、私たちの興味や関心も、自分自身のイメージも、時間とともに少しずつ変化していくわけですが、日々休むことなく繰り返される、そうした探求と選択のプロセスを通じて、これまでの自己イメージにはなかった、新しい自分の姿がおぼろげに見えてきたりすることもあるでしょう。

 

そうやって、時間とともに移り変わっていく私たちの自己イメージの分かりやすい輪郭を形作り、また、新たな自分の可能性につながっていく、という意味では、一見ムダに費やされているようにしか見えない、そうした探索と選択の時間は、私たちが思っている以上に大事な時間だったりするのかもしれません。

 

 

 

◆ プロセスを効率化したいという欲求

 

ただ、そうした作業は、いつもほとんど無意識のうちになされているし、はっきりとした方向性の見えない、行き当たりばったりのものであることも多いので、本人としては、それを単純にムダなことだと思い、そういう時間を何とかして減らせないかと考えてしまいがちだと思います。膨大なTV番組の中からどれを見るかという選択にしても、ショッピングにしても、自分でじっくりと迷いながら決めていくよりも、何を選んだらいいか、失敗しない最良の選択肢を誰かに示してほしいと思う人は多いのではないでしょうか。

 

また、ネット上の情報収集にしても、RSSリーダーにサイトをいちいち登録したり、それを毎日チェックしたりするよりも、自分のネット上の活動から生まれる膨大な個人データをAIに分析させ、自分が特に何もしなくても、オススメの情報が自動的に提示されるようにしてほしい、その方がずっと楽だし時間も節約できるから、と考える人は多いと思います。

 

ただ、近い将来、そうしたプロセスがどんどん自動化されるようになれば、私たちは、これまでほとんど無意識のうちにおこなってきたさまざまな探求活動に対して、さらに無自覚になってしまうでしょう。そして、無自覚になれば、そういう探求の本当の価値に気づかないまま、それに費やしていた膨大な時間を、単なるムダな作業として簡単に捨て去ってしまうかもしれません。

 

しかし、そうなれば、自分が何者であるかという根本を、つねに問い直し続けるという重要なプロセスを、人間以外の何かにゆだねることになってしまいます。大げさな言い方をすれば、それによって、自分がどんな人間かを自覚するきっかけすら失う人も出てくるかもしれないし、いったんそうなれば、自分が何者かを決めるのは自分ではなくなり、誰かに与えられた「自分の定義」から抜け出せなくなってしまうのではないでしょうか。

 

それは、いつまでも覚めることのできない夢のようなものであり、ある意味では悪夢とさえ言えるのかもしれません。

 

 

 

◆ 「何となく満たされない」という思いが導くもの

 

しかし、テクノロジーの発達によって、膨大な個人データをもとに、アルゴリズムがすべてを先回りして示してくれる世界、言いかえれば、親切すぎる機械に囲まれた息苦しい世界ができあがったとしても、私たちがそこから永遠に抜け出せないということはないでしょう。

 

私たちは、そうしてあてがわれた世界の中でずっと過ごすことになるとしても、そのうちにきっと、何となく面白くない、満たされない、という形で、違和感を感じ始めるはずです。

 

そして、違和感をもった人々の一部は、おせっかいで埋め尽くされた日常の外側にどんな世界が広がっているのか、その未知の世界を見てみたいという衝動に駆られ、実際にそれをせずにはいられなくなるのではないでしょうか。

 

 


◆ すでにあるものを選ぶだけでは限界がある

 

もちろん、ここまでの話は、説明しやすくするためにかなり単純化しています。

 

そもそも、いくら世界中を探索しても、私たちそれぞれにピッタリの選択肢が、何かのコンテンツや商品という形で、どこかに必ず見つかるという保証はありません。誰かがすでに表現した何か、誰かが商品として発売した何かを検索し、それらの中から自分の好きなものを選ぶだけで、自分が何者であるかについてすべてが分かってしまうほど、この世界は簡単ではないと思います。

 

私たち自身について、本当に肝心なところは、そうやって誰かがすでに表現したものを超えて、私たち自身にしか表現できない、あるいは、表現することなどできない、もっとオリジナルで微妙な「何か」としてしか見出せないのかもしれません。そして、そうした、まさに自分だけのために用意されていたような何かをかいま見たときに初めて、人は本当に、それを何とかして表現したいという欲求にかられるのではないかという気がします。

 

もっとも、そのオリジナルな何かを自分なりに形にするのは、たぶん、出来合いの商品を選択するような行為よりも、はるかに困難なプロセスになるのでしょうが……。

 

それでも、たぶん私たちは、「何となく満たされない」という思いに導かれる形で、やがてはそうした表現活動にも踏み込んでいかざるを得なくなるだろうし、近未来の世の中では、そうした活動こそが、人々の興味関心の中心になっていくのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

at 20:02, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

美しいから欲しいのか、高価だから欲しいのか

先日、非常に面白いだけでなく、実に考えさせられる記事を読みました。

 

この地球の地下深くには、途方もなく大量のダイヤモンドが存在するらしいが、残念ながら、現代のテクノロジーではそれを掘り出すことができない、という内容です。

 

1000兆トンのダイヤモンドが地中深くに眠っていることが判明 GIGAZINE

 

今の私たちにとって、ダイヤモンドはとても貴重な宝石ということになっていますが、それはあくまで人間側の事情によるもので、宇宙的なスケールで見れば、それはごくごくありふれた鉱物にすぎないし、未来の人類が宇宙に進出していくようになれば、ダイヤモンドなんていうのは、砂利の代わりに庭に撒くような代物になってしまうのかもしれません。

 

というか、現時点でも、技術の進歩によって、天然モノとほとんど変わらないレベルの人工ダイヤを安価に製造できるようになり、専門家でもその違いを区別するのが難しくなりつつあるようです。
記事 古酒促成

 

もしも将来、簡単に採掘したり、いくらでも生産できるようになったりして、ダイヤモンドが道端の石みたいにありふれた存在になるとしたら、それでも人々は、今みたいにそれを美しいと感じることができるのでしょうか。

 

今、私たちがダイヤモンドに感じている美しさは、カット技術の進歩とか、業界による高級イメージの刷り込みの成功もあるでしょうが、それ以上に、希少さによる経済的な価値の高さによって、実際以上に輝いて見えてしまっている部分が大きいのではないかという気がします。

 

私たちがダイヤモンドの輝きに魅せられ、何としてでも手に入れたいと思うとき、それは、ダイヤモンドというモノ自体を欲しているというよりは、それが象徴する豊かさのイメージや、希少なものを独占し、誇示できる社会的地位の証しこそを求めているのかもしれません。

 

そして、そうした欲求を生み出す人々の価値観自体も、歴史的に大きく移り変わってきました。ダイヤモンドに限らず、鉄などの金属にしても、コショウなどのスパイスにしても、ガラスや陶器などの工芸品にしても、時計などの精密機械にしても、それぞれの時代と社会において、そうした希少で価値あるとされるモノに多くの人々が魅せられ、それらを求めるあまり、ときには悲惨な争いさえ起きました。

 

しかし、人類のテクノロジーの進歩、生産の拡大やコストダウン、流通ルートの整備などによって、それらはより多くの人が簡単に手に入れられる、ありふれた存在になっていきました。

 

考えてみれば、それは当たり前の話で、みんなが欲しいと思う素晴らしいモノだからこそ、それらをより安く、より多くの人に届けるために、大勢の人々によってさまざまな探求や工夫がなされ、そうした無数の努力の積み重ねの結果、今の豊かな消費社会が出来上がっているわけです。

 

あるモノが広く行き渡ることによって、その社会的な価値を失えば、次はまた別のモノが社会的な注目を集め、多くの人が欲しがることによって価値が高まり、さまざまな研究開発や企業努力の結果、大量に供給されるようになり、それらもまた、やがて社会的な価値を失っていく、というプロセスが繰り返されていきます。

 

そしてまた、その過程を通じて、世の中の仕組みや人々の価値観自体も少しずつ変化し、やがては社会全体を大きく動かしていくことになります。

 

ダイヤモンドも、他のさまざまなモノと同様、大量採掘や大量生産によって、これからどんどん社会的な価値が失われていき、やがては、ちょっとした装飾品として、便利な素材として、どこでも当たり前に使われる存在に変わっていくに違いありません。

 

ただしそれは、今すぐという話ではないのでしょう。

 

数十年後、あるいはもっと遠い未来にそうなる見込みは高いと思いますが、とりあえず現時点で、ダイヤモンドが希少な存在であるという事実は揺るぎません。そして、未来がどうであろうと、今この瞬間に貴重なモノであれば、やはり多くの人がそれを渇望するのかもしれません。たとえ、この地面の下にダイヤがゴロゴロ埋まっていようと、それが将来ごっそり掘り出されることになろうと、今、ダイヤを欲しいと思う人たちが、それをあきらめる理由にはならないでしょう。

 

もっとも、彼らが将来、タンスの奥にしまい込んでいたダイヤを換金しようとしても、そのときにはすでにすっかり価値が暴落した後で、まるでガラス玉みたいな扱いになっているかもしれませんが……。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 19:07, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

過去に惹かれる心

先日、ネットで興味深い記事を見かけました。人は30代になると新しい音楽を聴かなくなってしまう、という内容です。

 

新しい音楽を楽しめるのは30歳まで? ニューズウィーク日本版

以前にも、人は、自分が中学生だった頃の曲をいちばん多く聴いている、という話を読んだことがあります。これらはたぶん、同じようなことを、別の切り口から言っているのでしょう。
記事 「懐メロ」の効用

 

歳をとると、自分にとって新しい世界を開拓したいという意欲が衰えていき、つい、おなじみの懐かしい世界にしがみついてしまいがちになるのは、音楽に限った話ではありません。

 

仕事でも、恋愛でも、旅でも、何でもそうですが、若いころは誰でも、とにかく「自分の世界」をどんどん広げていきたいと思うもので、つねに新しい体験、新しい人間関係、新しいモノへと目が向いています。それに、若いうちは、何をやっても、人生で初めて経験することの割合が多いので、何もかもが新鮮に感じられます。

 

しかし、歳をとり、さまざまな経験を重ねていくうちに、目の前で起きる出来事が、過去の繰り返しみたいに感じられることが多くなり、過去のベストを塗り替えるような感動的な体験も、出合うのが次第に難しくなっていきます。

 

言い換えれば、何をしても、だんだんワクワクしなくなってしまうのです。

 

そしてふと、過去を振り返ってみたときに、これまでの記憶で生み出された「自分の思い出の世界」が、すでにかなりの大きさになっていて、その中でいくらでも遊んでいられることに気がつきます。昔の体験を頭の中で再生し、喜怒哀楽のさまざまな感情を呼び起こしていると、まるで、自分を主人公にしたメロドラマでも見ているような気分になれるのです。

 

新しく刺激的な体験を求める努力に関しては、年齢とともに、だんだん分が悪くなっていき、なかなか満足感を味わえなくなる一方で、過去の記憶の世界に浸るのは、簡単だし、それなりの楽しさも得られる、実に効率のいいエンターテインメントだということが分かってきます。

 

たしかに、記憶の世界では、新しいことが全く起きないのが最大の欠点だし、どんなに素晴らしい思い出であっても、頭の中で何度も繰り返していれば、いいかげんに飽きてきます。それでも、日々周囲で起きている、退屈でストレスの多い日常にくらべれば、たとえそれが色褪せていようと、過去の輝かしい思い出にすがっている方がまだマシだと思える人も、けっこういるのかもしれません。

 

それに、新しいことを始めようとすれば、それが何であれ、ふだんの生活パターンが乱されるのは確実です。初心者としていろいろなことを覚えたり、試行錯誤をするために、最初のうちはまとまった時間を必要とするし、その後も、日常生活の中で、一定の時間を確保しなければなりません。

 

しかし、それなりの年齢になっていると、朝起きてから夜寝るまで、自分の活動時間をどんなことに割り当てるかは、すでにかなり固定化してしまっています。そしてそれらの活動は、これまでの人生経験を通じて選び抜かれ、定着してきたもので、本人にとっても深い愛着のあるものです。

 

新しいことをするためには、そうした生活パターンを見直し、ときには大幅なリストラをして、新たに自由な時間を捻出しなければならないのですが、それは、これまでずっと続けてきた何かをあきらめなければならないことを意味します。当然、心の中では激しい葛藤が生まれるでしょう。

 

今ちょっと興味を覚えていて、これからやってみようと思ってはいるが、本当に面白いかどうかはまだよく分からないことと、すでに勝手がよく分かっていて愛着もある活動とを比較すれば、後者をどうしても捨てがたいと思うのは仕方のないことだし、多くの人は、そういう葛藤を乗り越え、愛着のある何かをなげうってまで、未知の何かを始めることに対して、だんだん気乗りがしなくなっていくのではないでしょうか。

 

考えてみれば、ネット上で無料の音楽をいくらでも試せる今の時代、自分にとって新しい音楽を探すなんてことは、本人にやる気がありさえすれば、ほんの数分の空き時間で十分にできることです。それなのに、まだまだ気力も体力も申し分ないはずの30代前半でさえ、すでに、そういう習慣を失ってしまっているのです。

 

いったん出来上がってしまった日常生活のパターンの中では、わずか数分であっても、ふだんと異なる行動を始めるのはかなり難しいことだし、実際には、いつもと違うことをしようと思いつくこと自体が困難なのかもしれません。

 

さらに言えば、過去の自分の思い出を反芻し、それをエンターテインメントとして楽しむ行為には、危険やリスクもほとんどありません。

 

歳を重ねる中で、それなりの社会的地位や人間関係を手に入れ、つまり、失うものが多くなった人にとっては、新しいことを始めるとなると、その手間や時間だけでなく、それがどんなリスクをもたらすことになるか、大いに気になってしまうのではないでしょうか。その点、すでに起きてしまった過去には、予想外のアクシデントに巻き込まれる心配は一切なく、安心・安全が約束されています。人生の残り時間が見え始めてきたような人なら、最後の最後で崖から落ちるような体験などしたくないはずで、勝手知ったる安楽な過去に心を惹かれてしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

 

そんなわけで、私たちは、歳をとるごとに、新しいことをなかなか始められなくなり、放っておけば、そういうことをするのがさらに億劫で不安になっていくのだと思います。

 

でも、人間とは、そういうものなのかもしれません。そして、基本的にはそれでいいのではないか、という気もします。

 

私もきっと、このままいけば、どんどん新しいことに挑戦しなくなり、ますます過去の世界に惹かれていくのでしょう。でも、人間の自然な傾向に抵抗して、無理やり新しいことをやろうとしてもムダだと思います。自分の気持ちに反することをやってみたところで苦痛なだけだし、いずれ、気力も体力も続かなくなるだけなのではないでしょうか。

 

とはいえ、安心・安全で気楽な生活を望むあまり、思い出ばかりに浸って暮らすというのも、行き過ぎれば退屈で、閉塞感を覚えるようになりそうです。放っておくと、加齢とともに自分の世界はどんどん狭くなってしまいがちなのだとしても、せめて、外の世界への小さな窓くらいは塞がずに残しておきたいという気がします。

 

その点、ネットの世界には、さまざまな可能性があります。

 

ネット上にあふれるさまざまなコンテンツを、もっぱら、過去の思い出の世界にどっぷりと浸るために利用することもできるでしょうが、その逆に、自分にとって全く新しい世界に、気軽に少しずつ足を踏み入れるために使うこともできます。

 

実際、その恩恵を利用して、歳をとってから、自分のペースで、無理せず少しずつ、新しいことに挑戦する人もけっこういるのではないでしょうか。私たちにとって、新しいことを始めることが、年齢とともにどれだけ難しくなるかを十分に承知した上で、ネット上のさまざまなツールを活用し、心身への負担を極力減らしつつ、5年先、10年先を見すえて、新しい生活習慣を、あせらずコツコツと築き上げていくのです。

 

例えば、新しい音楽に、これからもずっと出合い続けていたいのであれば、自分のその熱意がいつまでも失われないように漠然と願うだけではなく、現実的で無理のない行動パターンとして、それを日常生活の中に組み込んでおく必要があります。週に一回、あるいは月に一回、Spotify などの音楽ストリーミング配信サービスで、自分の嗜好に基づいたおすすめの曲を試してみる時間をスケジュールの中に組み込んでしまい、定期的に同じ行動を繰り返すなどの工夫をすれば、それは新しい習慣として、生活の中に根づいていくかもしれません。

 

もちろん、そうした行動が、長い目で見て本当に自分にとって大切な習慣になりそうかどうか、あらかじめよく吟味してみる必要はあると思います。心の若さを保とうと躍起になって、新しいことにやみくもに手を出したりしても、それは苦行になるだけだし、長続きもしないでしょう。しかし、ネットの気安さをうまく利用して、自分の中の抵抗感をうまく取り除きつつ、日常生活の中に、新しい習慣を少しずつ忍び込ませる工夫をしていけば、過去ばかりを向いて、どんどん閉じてしまいがちな自分の世界に、ちょっとした隙間を作り出すことくらいはできるのかもしれません。

 

私も、過去に惹かれる心にささやかに抵抗しつつ、そういう小さな窓を通じて、この世界の「いま」を感じ続けていられれば、と思います。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 19:27, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)