このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『夢を操る ― マレー・セノイ族に会いに行く』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

心理学や夢見に興味のある人なら、セノイ族という言葉をどこかで目にしたことがあるかもしれません。

セノイはマレーシアの先住民族(オラン・アスリ)の一つで、文化人類学者・心理学者のキルトン・スチュアートが彼らの夢文化に関する論文を発表して以来、夢をコントロールする人々として、夢の研究者の間では広く知られています。

著者の大泉実成氏は、子供の頃からひどい悪夢に悩まされていましたが、大学時代に、友人を通じてセノイ族の夢見の技法を知ったことで、悪夢から解放されます。

それ以来、夢に興味を抱く一方で、セノイの人々にも実際に会ってみたいと思っていた彼は、1991年と1992年の二回にわたり、半島マレーシアの中央高原地帯のジャングルに住むセノイ族の村に滞在し、彼らの夢文化について取材をすることになりました。

大泉氏は、自らが見た夢をセノイの人々に話し、彼らの反応や解釈を確かめながら、彼らが夢をコントロールするというのは本当なのか、それは具体的にどういうことなのかを探っていきます。

大泉氏の夢日記や、それに対するセノイの人たちのコメントが実に面白く、また、夢をめぐる彼らとのやり取りが、旅の新たな展開につながったりします。

夢をテーマとしているだけあって、このあたりの、外面と内面が微妙に響き合うようなプロセス自体がうまく描かれているのも、この本の魅力です。ゆるゆると進んでいく旅の時間や、ワイルドだけれど穏やかなジャングルでの暮らしの描写も、とてもいい雰囲気を醸し出しています。

ところで、夢見に関するセノイの人々のアドバイス自体は、特殊でも神秘的でもなく、とてもシンプルで実践的なものでした。

 セノイが僕にしてくれた「夢指南」は、「夢のサイン」の話を除けば、次の二つに集約できると思う。
 〔瓦涼罎任楼媼韻靴得儷謀であるようにしなさい(夢というのは、ちょうど学校の教室のようなものだから、積極的に学ぶようにしなさい)。
 ¬瓦涼罎能于颪辰秦蠎蠅箸蓮△任るだけ友だちになりなさい。
 このふたつを守れば、夢の中の相手は、有用な情報やパワーを与えてくれる、というのが彼らの考え方だった。

夢に対するこうした積極的な姿勢は、確かに夢のコントロールと言えなくもないのですが、それは、夢の内容を支配し、自分の都合で好き勝手に変えてしまうような意味でのコントロールではなく、さまざまな形をとって夢の中に現れる相手、つまり「精霊」たちの存在を尊重し、彼らが示すフィードバックを通じて注意深く学ぼうとする繊細な感受性を合わせ持つものです。

ただ、こうしたシンプルなセノイの「夢指南」も、多くの読者にとっては、やはり近寄りがたい不思議な文化に映るかもしれません。夢の中で積極的になるといっても、何をどうしたら夢の中で意識的な行動がとれるようになるのか、その具体的なノウハウみたいなものは、この本では触れられていないからです。

その点、大泉氏は以前から明晰夢(夢の中でそれが夢であると気づいている状態)を何度も体験しており、セノイのアドバイスを違和感なく実行に移せるという意味で、夢見の才能がかなりある人なのかもしれません。

それと、大泉氏の旅の目的が雑誌の取材だったということもあって、文化人類学者のフィールドワークのように、時間をかけ、腰をすえて調査をする余裕がなかったのは少し残念です。

例 えば、セノイといっても、一般人とハラ(シャーマン)の内面生活は質的に大きく異なっているはずで、ハラがどのような夢見をしているのかについて、もっと つっこんだ取材をすることができれば、セノイの人々の豊かな夢文化について、さらに興味深いことが色々と明らかになったのではないかという気がするからです。

もっとも、そのためには、カルロス・カスタネダ氏の「ドン・ファン」シリーズのようにシャーマンに弟子入りして、彼らの世界に何年もどっぷりと浸かる覚悟が必要なのかもしれませんが……。

この本は、辺境に赴いて狩猟採集民族の現在を記録したルポであり、自分の夢とつき合いながらゆるゆると進んでいくスローな旅の記録であり、現代人にとってほとんど手つかずのフロンティアである夢の世界の探究でもあります。

いずれも私個人の興味と重なっていて、とても楽しく読むことができました。

なお、この本で意識的な夢見というものに興味をもたれた方には、例えばスティーヴン・ラバージ氏の『明晰夢 ― 夢見の技法』など、明晰夢に関する本を読んでみることをおすすめします。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:37, 浪人, 本の旅〜魂の旅

comments(0), trackbacks(0)

『みたい夢をみる方法 ― 明晰夢の技術』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

『みたい夢をみる方法』というこの本のタイトルから、夢をエンターテインメントとして楽しむための、気軽なハウツー本のような内容を想像する人も多いと思いますが、実際に読んでみると、かなり真面目で本格的な内容であることが分かります。

この本の前半は、睡眠や夢に関するごく基本的な解説から始まるのですが、やがて、夢を見ているときに「意識」はあるのか、という話題から、そもそも人間にとって「意識」とは何かという、少し難しい話に入っていきます。

著者のマックフィー氏によれば、「意識」とは、「感覚の体験をそれが起こっているときに体験できる能力」を意味するのですが、「意識」には、感覚や思考そのものを体験する一方で、同時に、それを体験している自分自身をも体験するという二元性があります。

逆に、単に感覚的な体験をしたり、思考したり、あるいは何らかの行動をとっていても、そこに自覚が伴っていない場合は、「意識」があるとは言えない、ということになります。

ふつう、日中に仕事をしたり、人と話をしているときには、誰でも当然「意識」があると思われていますが、それが日頃の習慣による惰性でほとんど自動的に行われていたり、感情に流されて、お決まりの反応パターンを繰り返しているようなときには、たとえ目が覚めていても、マックフィー氏の言う意味で「意識」があるとは言えないのです。

それはちょうど、私たちが毎日夢の中でさまざまな体験をしているにもかかわらず、目覚めたあと、それを全く覚えていなかったり、たとえ思い出せたとしても、夢を見ている瞬間にはそれが夢であることに気づかずに、矛盾に満ちた夢のストーリーの中に巻き込まれたままになっているのに似ています。

明晰夢とは、夢の中で「意識」を保つこと、つまり、夢の中で起こっていることをその瞬間に体験しつつ、自分が夢を見ているということも自覚している状態です。

そうだとすれば、起きているときにすら「意識」がほとんどない人が、ましてや夢の中で「意識」を保つなど無理な話だということになります。だから、もし真剣に明晰夢を見たいと思うなら、まずは起きている間に「意識」が持続するように訓練し、それを習慣づけなければならないということになります。

これは一見したところ回り道のように見えるかもしれませんが、私には、明晰夢を誘発するための細かなテクニックをあれこれ試してみるよりも、ずっと真っ当なやり方であるような気がします。もっとも、私の場合、本気でそういう訓練をしたこともないし、明晰夢を見ているわけでもないので、こんな偉そうなコメントができる立場ではないのですが……。

ところで、マックフィー氏は、明晰夢を見られるようになった人が、自分の空想の力を利用して、夢の中で好きなことをして楽しむのは、「究極の遊園地」への逃避だとして、それにあまり高い価値を与えてはいないようです。

彼にとって明晰夢とは、単なるエンターテインメントではなく、自己の統合を目指すための機会なのであって、彼にとって重要なのは、無意識の心が創造した世界と夢の中で相互作用するような、「洗練された明晰夢」なのです。

そういう意味では、この本のタイトルも、「みたい夢をみる方法」というよりは、「明晰夢を通じて、無意識の自己と誠実に向き合う方法」とでもした方がふさわしかったのかもしれません。

この本の後半では、そうした観点から、これまでの精神分析の伝統をふまえ、人が無意識の世界に押し込めてきた感情や認識を意識の光の下に引き出し、自己の統合を目指していく方法、つまり、「意識と無意識の感情と認識を統合させるための道具としてのメンタルヘルス技術」について述べられています。

こうしたテーマは、明晰夢そのものの話からは少し離れることになりますが、明晰夢の世界を探究する人の誰もが、夢の中で無意識そのものに直面し、多くの場合それは、これまで意識することを避けて抑圧してきた私たちの「影」と向き合うことでもあることを考えると、心理学の基本について、少なくともこの本に書いてあるくらいの知識は、身につけておいた方がいいのかもしれません。

それにしても、マックフィー氏自身は明晰夢をどのくらい見るのでしょうか? この本には、彼自身の明晰夢の事例はほとんど載っていないし、書かれている内容も、全体的にやや抽象的な感じがします。彼自身の体験に基づく、明晰夢の実践的なノウハウみたいなものを期待していただけに、少し残念でした。


マルコム・ゴドウィン著 『夢の劇場 ― 明晰夢の世界』 の紹介記事
スティーヴン・ラバージ著 『明晰夢 ― 夢見の技法』 の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書 

at 18:43, 浪人, 本の旅〜魂の旅

comments(0), trackbacks(0)

『明晰夢 ― 夢見の技法』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、現代における明晰夢研究の第一人者である神経生理学者のスティーヴン・ラバージ氏が、明晰夢という現象のもつさまざまな可能性や明晰夢を誘発する技法について、一般向けに解説したものです。

明晰夢とは、「夢を見ているという完全な自覚を保ちながら夢を見る」ことです。自然にそのような現象が起こるのは稀ですが、そのとき、夢の中の世界は非常に鮮明でリアルに感じられ、しかもその夢の内容を、見ている本人がある程度コントロールできるといいます。

ラバージ氏は5歳の頃からそうした体験をしていましたが、やがて彼は、この不思議な現象について科学的に解明しようと試みます。

彼は、夢を見ているレム睡眠の間は体が麻痺してしまうものの、目だけは動かせることに目をつけ、自分が明晰夢を見ているときに、あらかじめ打ち合わせたとおりに意図的に目を動かすことで、実験室で彼をモニターしている観察者とコミュニケーションをとることに成功しました。

これによって、「夢の中で目覚める」という現象が、神秘的な作り話や妄想ではないことが証明され、自然科学の枠組みの中で研究できることが示されたのです。

その後、彼は、同じように明晰夢を見ることのできる「夢航行士」(oneironauts、オーナイロノーツ)たちの協力も得ながら、明晰夢という主観的な経験と、客観的に測定できる生理学的プロセスとの関連や、明晰夢の誘導・安定化の技術について、さらに本格的な研究を進めています。

明晰夢のもたらす迫真的でしかも自由な世界は、ある意味では、映画を超える究極のエンターテインメントとして非常に大きな魅力がありますが、この本ではその他にも、明晰夢の体験者の前に開かれる素晴らしい可能性の数々が詳しく語られています。


たとえば、人格的成長や自己啓発の推進、自信を深めること、心身の健康の増進、創造的に問題を解決する能力の促進、そして自己統御への道を進むといったことの一助となる可能性が、明晰夢には大いにあるのだ。

ただ、こうした「効能書き」を並べられるよりも、百聞は一見に如かず、読者としてはとにかく実際に明晰夢を体験し、それがどのようなものであるかを自分の目で確かめてみたくなるのではないでしょうか。

ラバージ氏は、明晰夢は特別な能力に恵まれた人だけに起こる現象ではなく、夢の中で目覚めようという強い意図をもち、夢見の技法を習得すれば、誰にでも誘発することが可能であると強調し、読者を勇気づけてくれます。

この本には、ラバージ氏が開発したMILD(Mnemonic Induction of Lucid Dreams 記憶によって明晰夢を誘導する方法)と呼ばれるテクニックが紹介されています。これは、したいことと、それをしようとする将来の状況との間に心理的な関連を作る方法を応用して、夢見の最中に、夢を見ていることを思い出そうというものです。


1.早朝、自然に夢から覚めたら、記憶するまで何度も夢を思い返してたどる。
2.次に、ベッドに横になったまま眠りへと戻りながら、「次に夢を見るとき、私は、自分が夢を見ていると認識することを思い出したい」と自分に言い聞かせる。
3.リハーサルとして、夢の中に戻ったときの自分自身を視覚化する。ただし今度は、実際に夢を見ていると認識している自分を想像する。
4.自分の意図がはっきりしたと感じるか、寝入ってしまうまで、2と3の手順を繰り返す。

これがどれくらい役に立つかは人それぞれでしょうが、興味のある人には試してみる価値があるでしょう。まずは、こうした地道な努力が、新しい世界への入口になるわけです。

この本では、こうした実践に関する記述よりも、明晰夢に関する考察の方が多いので、気軽には読みづらい部分もあると思いますが、明晰夢に興味のある人なら一通りは目を通しておきたい、基本的な文献だと思います。


マルコム・ゴドウィン著 『夢の劇場 ― 明晰夢の世界』 の紹介記事
チャールズ・マックフィー著 『みたい夢をみる方法 ― 明晰夢の技術』 の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:31, 浪人, 本の旅〜魂の旅

comments(0), trackbacks(0)