このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『闇の奥』

Kindle版はこちら

 

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

あの有名な映画『地獄の黙示録』の原案となったイギリス文学の古典『闇の奥』。以前からずっと気になっていたのですが、先日、文庫で新訳が出ているのを知って、思い切って読んでみることにしました。

物語は、イギリス人船乗りのチャーリー・マーロウが、若い頃に「向こうの大陸(アフリカ)」で遭遇した衝撃的な出来事を仲間に語るという形で進行します。

東洋の海で何年か過ごした後、マーロウはふとしたきっかけから、アフリカの大河を行き来する蒸気船の船長になりたいという思いにとりつかれ、ある国の象牙交易会社と契約して、現地に派遣されることになります。


大河の河口から内陸部へと向かう困難な旅の途上で、マーロウは、奥地の出張所に赴任したクルツという社員の噂を耳にします。クルツは並外れた知性と教養の持ち主で、大量の象牙を集めるという抜群の成績を上げたにもかかわらず、奥地からの帰還を拒否してそこにとどまり、しかも病に冒されているというのです。

マーロウは、他の社員らとともに蒸気船に乗って、クルツのいる緑の魔境へと分け入っていくのですが……。

巻末の解説や年表によれば、この旅の物語は、作者コンラッドの実体験がもとになっているそうで、当時船員だった彼は、1890年にベルギー国王の私領だったコンゴ自由国(現在のコンゴ民主共和国)に船長として赴任し、コンゴ河を遡上する旅の途上で、過酷な植民地支配の実態を眼にしています。
ウィキペディア 「コンゴ自由国」

これからこの物語を読まれる方のために、あまり詳しくは書かないことにしますが、『闇の奥』というタイトルが暗示しているように、主人公マーロウは、暗鬱で危険な旅の途上で、さまざまなおぞましい光景を眼にし、やがて、魂のダークサイドに堕ちたクルツと対面することになります。

解説によれば、一世紀以上前、この小説が世の中に与えた衝撃は、国際政治をも動かすほどだったといいます。また、この作品をどのように評価するかをめぐっては、いまだに賛否が分かれ、さまざまな論争を生んでいるようです。

ただ、少なくともその物語の描写に関するかぎり、昨今の映画や小説の即物的でグロテスクな表現に慣れてしまっている私には、正直、それほどのインパクトは感じられませんでした。

また、主人公マーロウの饒舌な語りは、時に脱線し、話が前後するだけでなく、あいまいで象徴的な表現が多く、決して読みやすいとは言えません。私の場合は、この短い小説の途中で何度も何度も行き詰まり、最後まで読み切るまでにものすごい時間がかかってしまいました。

そもそも、結局のところマーロウは緑の魔境で何を体験したのか、彼にとって、クルツとは一体どのような存在だったのか、そしてクルツの最後の言葉の意味は何か、など、この小説の肝心な部分についても、読者次第でさまざまに解釈できる余地があります。これらをどのように受けとめればいいのか、考え出すときりがなく、解説を読んでいろいろと腑に落ちる部分もあるとはいえ、それでもスッキリせず、モヤモヤとしたものが後に残るのです。

それでも、この作品は、世界中の作家に大きな影響とインスピレーションを与え、小説・映画などジャンルを問わず、『闇の奥』の系譜ともいうべき数多くの作品を生み出してきました。

それは、闇の世界への危険な旅、そこで出会う狂気に満ちた人物との対決、その体験のインパクトによって決定的に変えられてしまう主人公、というこの物語の基本パターンが、アフリカのような遠い世界にだけあてはまる話ではなく、むしろ、私たち一人ひとりが共通して抱える心の闇との出遭いや、自分自身の影との対決という、普遍的な魂のドラマを暗示しているからなのかもしれません。

そして、そういう視点からこの物語を眺めていくと、マーロウがクルツという未知の人物に次第に心惹かれていくプロセスや、異形の者として彼の前に現れたクルツを忌避することなく、むしろ全身全霊をあげて対峙しようとするその姿に、さまざまな深い意味を読み取ることができるように思います。

いずれにしても、今回は、何とか最後まで読み通すのがやっとで、この本の発するメッセージをうまく受け止められた感じがしませんでした。いつか機会があれば、もう一度チャレンジしたいと思います。

この本は、決して気楽に読めるわけではないし、楽しい読後感も期待できないのですが、読み進む苦しみに見合うだけの「何か」は、きっと得られるのではないかという気がします。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

 

at 18:50, 浪人, 本の旅〜旅の物語

comments(0), trackbacks(0)

『クヌルプ』

Kindle版はこちら

 

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

 

この本は、100年ほど前のドイツを舞台に、放浪の旅に一生を捧げた人物を描いた小さな物語です。

小説は主人公のクヌルプをめぐる三つの短いエピソードで構成されていて、「いつも途上にあって、どんな土地にも長くとどまらないこの渡り鳥」の旅暮らしと、彼の最期が描かれています。

クヌルプは、少年時代のある挫折をきっかけに、社会のメインストリームから外れ、いつしか「無職の流浪者」として生きるようになりました。

まともな職につくこともなく、詩や歌や踊りを楽しみ、自然を愛する「いわば人生の芸術家」(訳者の高橋健二氏によるあとがき)として、彼は束の間の人生を謳歌するのですが、止むことのない過酷な旅は、彼の体を少しずつ蝕んでいくのでした……。

社会にしっかりと適応し、立派な仕事と家庭をもっている人々からすれば、帰るべき場所をもたず、あてどなく旅するなかで体を病み、ついに死に瀕するクヌルプは「かわいそうなやつ」でしかないのかもしれません。

しかし、雪の降りしきる山中でついに力尽きたクヌルプに、「神さま」はこう語りかけるのです。「定住している人々のもとに、少しばかり自由へのせつないあこがれを繰り返し持ちこ」むために、クヌルプはそうやって「あるがまま」の自分を生きなければならなかったのだと……。

この小説は、ストーリー展開を楽しめるようなエンターテインメントではないし、物語の舞台も、書かれた時代も古いため、読んでいてちょっと違和感を感じる人も多いでしょう。

それでも、孤独な漂泊者というパーソナリティの一つの典型が、主人公クヌルプの姿を通して生き生きと表現されているように思います。そしてそれは、あの有名な「アリとキリギリス」の寓話のように、近代社会で求められる勤勉なパーソナリティとは、ポジとネガのように対をなすものでもあります。

私がこの本を最初に読んだのは、たしか高校生の頃だったと思うのですが、そのストーリー自体は、ごく断片的に記憶に残っただけでした。しかし、何年も後になって、自分もまた放浪的な長い旅に出たところをみると、この短い小説を通じて、一種の放浪の美学みたいなものが、私の無意識に深く植えつけられていたのかもしれません……。

それにしても、旅の愛好者としてこの本を読んでいると、クヌルプの最期には、ヒッピーや筋金入りのバックパッカーの悲惨な末路を見るようで心が痛みます。そこには小説的な救いがあるとはいえ、100年前の放浪者の運命としては、こう書かれるよりほかなかったのでしょうか。

もしも現代にクヌルプが生きていたら、今のこの世界の中で、どんな漂泊の人生を歩むことになるのでしょう?

やはり昔と同じように、旅の途上で人知れず朽ちていく運命をたどるのでしょうか?

クヌルプ的なパーソナリティに強く魅かれるというより、自分の中に似たようなものを抱え込んでしまっている私にとって、この問題は他人事とは思えないのです……。

放浪タイプの旅人なら特に、この本にはいろいろと感じるものがあると思います。どこかで目にすることがあったら、ぜひ読んでみてください。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書 

 

at 18:58, 浪人, 本の旅〜旅の物語

comments(0), trackbacks(0)

『ロロ・ジョングランの歌声』

 

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この物語のヒロインは、29歳の雑誌編集記者。1998年に騒乱のさなかの東ティモールで命を落とした従兄の新聞記者の死の謎を追って、インドネシアや東ティモールを旅するという設定です。

そしてまた、これは、ジャーナリストや国際ボランティア、開発援助に携わるビジネスマンなど、旅を仕事とし、さまざまな国や地域を転々としながら生きる人々の物語でもあります。

ストーリーはヒロインの仕事や恋愛、そして、次第に明かされる謎を軸に展開するのですが、物語の背景として、日本政府によるODAや民間のボランティアなど、インドネシアを舞台とした国際協力活動の世界、とりわけその影の側面が詳しく描かれています。

「助けたいという気持ちと、その中にある偽善。そして利権」……。この世には、そもそも純粋な善など存在しないのかもしれませんが、多くの人が薄々気がついているように、美談として語られる国際協力の分野もまた、その例外ではありません。

しかし、作者の松村氏は、単純な正義を振りかざして、そうした影の部分を断罪するような立場はとりません。この物語のヒロインのように、実際に国際協力の現場に踏み込んでみれば、そこにはさまざまな人々の立場や動機や事情があり、その国の文化慣習があり、国家間の関係や歴史的な経緯もあることが見えてきます。

松村氏は、そうした多様な立場や視点を象徴するような人物を物語に登場させ、それぞれに語らせることによって、簡単に割り切った答えを見出すことのできない、国際協力の世界の複雑な様相を、巧みに描き出しています。

もっとも、この本は、いろいろな仕掛けを盛り込んだ知的なエンターテインメントとしてよく作り込まれているので、国際協力の現場とか、インドネシアや東ティモールというテーマに興味があるかどうかに関係なく、ストーリー展開そのものを追うだけでも十分に楽しめると思います。

ただ、個人的には、細かすぎるほどのヒロインの心理描写とか、現実にはありそうもない、メロドラマ風のややこしい人間関係には、読んでいて違和感を覚えました。あるいは、こういう特徴というのは、エンターテインメント系の小説ではごく一般的なことなのでしょうか? 私はこうしたジャンルの小説をほとんど読んだことがないので、よく分からないのですが……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

 

at 18:41, 浪人, 本の旅〜旅の物語

comments(0), trackbacks(0)