このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

宇宙で建国!?

先日、ネット上に面白いニュースが流れ、世界中の好事家の間でさまざまな反応が巻き起こっているようです。

 

宇宙国家「アスガルディア」構想が始動:軌道上から地球を防衛、国民も募集中 ニューズウィーク日本版

 

上の記事によれば、ロシアや米国の宇宙開発の専門家たちが、衛星軌道上に独立国家「アスガルディア」を建設する壮大な構想を発表、国連への加盟をめざして、さっそく「国民」も募集しており、すでに多数の人が応募しているようです。

 

まずは来年以降に人工衛星を打ち上げ、将来的には宇宙空間を拠点に、小惑星の資源開発や、さまざまな危険から地球を守る活動を行うとのことですが、素人目に見てもツッコミどころがいろいろあって、本気で受け止めていい話なのか、判断に迷うところです。

 

例えば、宇宙空間に独立国を作るというのは、そもそも、天体を含む宇宙空間の領有を禁じた宇宙条約の第2条に完全に抵触しそうだし、宇宙での資源開発や地球防衛というのも、SF映画の設定ならともかく、近い将来の地球人に、そうした分野への切実なニーズがあるとはとても思えず、そうであれば、アスガルディアの基幹産業はいつまでたっても立ち上がらないということになります。
ウィキペディア 「宇宙条約」

 

それに、アスガルディアが一般的な国家の要件を満たせるのかという問題もあります。国家の三要素とされている、領域・人民・権力のうち、現時点では「領域」が存在していないし、ある程度の「人民」が暮らせる大きさの宇宙ステーションをこれから作るにしても、長い時間と途方もない費用がかかります。さらに、その費用を誰が負担するのかという問題もあります。
ウィキペディア 「国家」

 

まさか、今回ネット上で募集した「国民」に、そのための税金が課せられるなんてことにはならないと思いますが、ちょっと皮肉な言い方をすれば、そういう話が出たとたんに逃げ出すような人々なら、国家を支える「人民」とは言えないのだろうし、彼らに税金を払わせることができないのなら、「権力」も存在していない、ということになります。

 

また、かりにアスガルディアが国家としての体裁をなんとか整えることができたとしても、宇宙空間に住む人々のグループを、国連の一加盟国みたいな形で扱うのが適切なのかという問題もあるでしょう。彼らが暮らす環境は地球上とは全く違うわけだし、彼らが携わる事業も、地球環境や、地上で暮らす人々に大きなリスクを与えうるものです。そういう、ちょっと特別な存在を、地上の国々とまったく同列のものとみなしていいのでしょうか。

 

こういったことを考えていくと、あくまで素人の個人的な感覚にすぎないのですが、宇宙国家の立ち上げというのは、いろいろな意味で、まだ時期尚早という感じがします。

 

宇宙を人類の新しいフロンティアとみなして、そこに新しい発想や組織で乗り出していきたいという関係者の気持ちも想像できなくはないのですが、先走って独立を云々するよりも、まずは人類の共同作業として宇宙空間での活動実績を積み上げていくのが先だと思うし、現時点で国旗とか国歌を決めたところで、当面、国家としての承認が得られる見込みがない以上、それは個人が勝手に独立を宣言して、独自の切手やらコインやらを土産物として売っている、いわゆるミクロネーションと変わらないことになってしまいます。
ウィキペディア 「ミクロネーション」

 

でもまあ、こういう素朴な疑問については、発起人である専門家の方々も当然想定しているはずで、彼らとしては、どれだけ空想めいた話に聞こえようとも、今、宇宙国家の構想を語り、世界の注目を集めることに、それなりの意義があると考えているのでしょう。それに、今の世の中の変化の速さを考えれば、数年後、数十年後には、こうした構想がごく当たり前に受け取られるような世界になっているかもしれません。

 

……と、あれこれ考えているうちに、アスガルディアみたいに、ストレートに宇宙国家建設の夢を語る人々よりも、google とか facebook のような新興巨大IT企業の方が、条件的には、よほど宇宙国家の実現に近いところにいるのではないかという気がしてきました。

 

そうしたIT企業も、もちろん、現時点では国家の三要素を満たしているわけではありませんが、彼らは生活に密着した便利なサービスを提供することによって、億単位のユーザー(人民)の心をがっちりとつかんでいるし、「利用規約」を独断で決定し、それに従わないユーザーを締め出すことのできる力(権力)ももっています。

 

そして、さまざまなサービスによる売り上げや、企業の将来性と引き換えに集めた巨額の資金を、新たな分野への投資や研究開発に充てることができています。彼らの多くは、今のところ、宇宙開発にのめり込んだりするようなことはありませんが、ビジネスとして有望であると判断すれば、可能なところから着実に手をのばしていくだろうし、その結果として、将来的に、いくつかのIT企業が宇宙開発の分野に大きな影響力をもつようになる可能性もあるのではないでしょうか。

 

ただ、それは宇宙への夢やロマンを感じさせるものというよりは、冷徹なソロバン勘定に基づいて、さまざまな企業が主導権を争い合う、殺伐としたものになりそうな気がします。とはいえ、人類のこれまでの歴史と同様、そうしたドロドロした欲望こそが、時代を先へ先へと動かしていくのかもしれません。

 

もっとも、そうした企業は、さらなる利益の追求を可能にする自由なフロンティアとして宇宙を目指すことはあっても、そこにわざわざ国家を建設し、多数の国民を食わせていく義務や不自由を抱え込もうなどとは考えないだろうという気はしますが……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:04, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)

「裸のおじさん」の危機

先日、気になる記事を目にしました。

沖縄の無人島(外離島)で一人暮らしをしていた「裸のおじさん」が、島を追放されてしまったというのです。

めちゃイケ出演がアダ 無人島の全裸おじさん追放  東スポWeb

おじさん、というより、おじいさんのことは、数年前にテレビで見て初めて知りました。無人島で一人暮らしといっても、実際には近くの町に買い出しに行ったりしていたのですが、それでも自給自足に近い生活を何十年も続けるのは並大抵のことではないし、あえてそういう生き方を選び、実行してしまう意志力がすごいと思いました。

無人島で孤独に暮らす全裸の男 - In Subtropical Solitude  VICE Japan


その後、彼に関する記事をネットで何度か見かけ、彼も有名人になりつつあるのかな、なんて思っていたのですが、冒頭の記事によれば、昨年、人気テレビ番組で取り上げられてから、彼を目当てに現地を訪れる観光客が急増したようで、それを見かねた土地の所有者から退去を求められ、次に移り住んだ西表島の無人の浜からも、国有地ということで立ち退きを迫られているのだそうです。

20年以上にもわたって、確固とした生活を築き上げてきた本人にとってみれば、これは大変な事態だと思います。

今回の「追放」について、何とも言えない気持ちになるのは、無人島に押し寄せた観光客にしても、彼に退去を求めた関係者にしても、たぶん彼に対する悪意があるわけではなく、ただ単に、自分の好奇心やワクワク感に従っただけだったり、あるいは自分の置かれた立場に従って、言わざるを得ないことを言っただけだったりするのだろう、ということです。

みんな、おじさんを追い詰めるつもりはなかったけれど、多くの人のさまざまな行為が積み重なった結果、誰も望まない方向に状況が動き、おじさんは今までのようには暮らせなくなり、大事な居場所を失ってしまったということなのでしょう。

すでに起きてしまったことについて、関係者でもない私が、今さら何を言っても仕方ないのですが、ただ、こうなるのを防ぐ方法は、いくつもあっただろうにと思います。

まず何より、もしもおじさんが、ふだんから海パン一枚でもはいていれば、せめて、誰かが島にやって来たときだけでもそうしていれば、これほど人々の注目を集めることはなく、彼の暮らしが乱されることもなかったでしょう。

あるいは、メディアの取材、少なくともテレビの取材だけでも断っていれば、もっと穏やかな展開になっていたはずです。

おじさんのように、一日中素っ裸で暮らすというのは、今の日本では基本的に許されませんが、無人島で勝手にやっている限りは誰にも迷惑をかけないし、実際、誰の迷惑にもならなかったからこそ、彼は何十年もそれを続けてこられたといえます。

ただ、そうやって誰の制約も受けない暮らしを通じて突き詰められたライフスタイルが、多くの人にとってはあまりにもユニークなものになってしまったことで、結果的にそれは、大いに人目をひくネタとして、マスメディアの格好のターゲットになってしまいました。

しかも、彼はその生き方を隠そうとしなかったし、来る人を拒もうともしませんでした。

彼のライフスタイルが人々の話題になればなるほど、ネットの「炎上」と同様、彼の生き方を批判したり、干渉したりする人が増えていくのは必然だし、いったんそうなってしまえば、それまで彼の存在を黙認してきた地元の関係者も、自分に火の粉がふりかからないよう、タテマエを持ち出して対応せざるを得なくなっていきます。

そう考えると、私がこうやって記事を書くことも、騒動を大きくすることに加担しているだけなのかもしれません。

これから、おじさんがどうなってしまうのか、私には全く分かりませんが、彼のように、この社会から距離を置いて、独自の生き方を貫き通したいと願う人がいるなら、今回の事例を苦い教訓として、世間から余計な注目を集めて生活を翻弄されないよう、できる限りひっそりと隠れ住むしかないのかもしれません……。

ただ、一方で、もしかすると、彼にとっても、これが「潮時」だったのかもしれない、という気もしなくはありません。

おじさんは、何十年も一人暮らしを続けてきて、口ではともかく、内心では寂しさを感じることも多かったのではないでしょうか。だからこそ、観光客の来訪やメディアの取材を、それなりに受け入れてしまったのではないかという気がします。

もう、おじさんが素っ裸で暮らせる場所はないかもしれないけれど、とりあえず服さえ着ていれば、彼は波乱万丈の人生をくぐり抜けてきた「名物おじいさん」として社会に受け入れられ、培ってきたサバイバル能力を生かして、どこかで十分幸せな余生を送れるのではないでしょうか。


JUGEMテーマ:ニュース

at 18:45, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)

怒りの炎の向かう先

尖閣諸島の国有化(9月11日)を受けて、中国全土に広がった反日デモは、19日に、北京市の公安当局からデモ中止の指示が出たのを機に、一気に収束に向かいました。

それまでの一週間、日本人が暴行を受けたり、日系企業が焼き討ちされたり、スーパーが破壊・略奪に遭うなどの被害が次々に報道され、同時に、外出もままならず、不安な日々を送る現地在住者の様子も伝えられました。

私も、事態の異様な展開がとても気になって、中国事情に詳しそうな人々のツィッターとかブログで現地の写真を見たり、彼らの分析などを読みあさったりしました。

残念ながら、私には、そうした情報を受け止め、適切に理解できるだけの知識・経験のベースがなく、中国でいま何が起きているのか、その「真実」に迫ることはできません。

当然、何か建設的なコメントをできる立場でもないので、ここでは、とても参考になったブログ記事を一つだけ挙げておくことにします。

BLOGOS 西端真矢 【中国・反日デモ暴徒化の背景と、日中関係の今後〜〜最も基礎から解説!】(9月18日)

今回の事件の背景と今後の見通し、そして、私たちのとるべき行動、心構えについて、とても分かりやすく書かれています。かなり長い記事ですが、興味のある方はぜひ読んでみてください。

それにしても、反日デモについていろいろと知るにつけ、改めて思ったのは、今の中国のように、ときおり破壊や暴力や憎悪が噴出する社会というのは、21世紀の現在でも、決して特別ではない、ということでした。

お上の権力闘争に多くの人々が巻き込まれ、踊らされ、ときには暴徒となって街を破壊するというのは、中国に限った話ではありません。

矛盾や腐敗に満ち、数え切れない人々の鬱屈した思いがグツグツと湧き出し、火をつければ一瞬で燃え上がるような社会は、この地球において、むしろ多数派なのだと思います。

東アジアではもっぱら反日ですが、イスラム圏では、今、反米デモの嵐が吹き荒れています。

だからといって、怒りの炎をこちらに向けるのは勘弁してほしいと思いますが、誰かがそれを政治的に利用しようと煽っているのだとしたら、私たちにできることはほとんどないし、彼らの流儀に合わせ、こちらも怒りの炎で対抗したら、事態はますます悪化するだけです。

結局、私たちはそうした現状を認め、スカッとするようなシンプルな解決策はないとあきらめて、ときには不愉快な思いに耐え、ときには火の粉をかぶらないように距離を置きつつ、相手の国や人々との地道なコミュニケーションを重ねていくしかないのでしょう。

さいわい、今の日本では、群集が街頭で荒れ狂うことはないし、今回の反日デモについても、熱くなる中国側に対して、日本人は困惑し、不安を覚えながらも、おおむね冷静に対応しているようです。

それは、これまでの苦い経験を通じて、この狭い地球上で、誰かを目の敵にして怒りをぶつけることの虚しさを知っているからでしょうか。

それとも、私たち日本人も、いろいろと鬱屈した思いには事欠かないのですが、そのエネルギーは、高度化した社会システムの中で、生産と消費のサイクルを回す燃料として有効活用されてしまっていて、外に向けようにも、そこに回す余裕などないということなのかもしれません……。


記事 「今さらですが、尖閣ビデオ流出事件に思うこと」



JUGEMテーマ:ニュース

at 19:30, 浪人, ニュースの旅

comments(2), trackbacks(0)